KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大 「ガラクタ」の真意とは…アガリの先まで見たリーチ判断【Mリーガー29人の名手】

麻雀格闘倶楽部・前原雄大

「ガラクタ」の真意とは…

アガリの先まで見た

リーチ判断

【Mリーガー29人の名手】

Mリーグ2019 11/5

第1試合 東4局ドラ

東家 内川幸太郎サクラナイツ

21800

南家 和久津晶セガサミーフェニックス

33000

西家 白鳥翔渋谷ABEMAS

25000

北家 前原雄大麻雀格闘倶楽部

20200

南家・和久津と東家・内川が早々に仕掛けを入れる中、北家・前原もテンパイ。手替わりの多い単騎待ちだが、ここで前原の決断は?

 

 

「何でもある」というイメージを植え付ける

前原は打単騎待ちの即リーチに出た。

結果、内川から出アガって5200点のアガリとなる。アガリは当然嬉しいが、前原としては「自分のリーチは何でもある」ということを相手に周知させるのが最大の狙いにみえる。

こんな単騎待ちを見たら、相手はさぞかしやりにくいはず。どこに落とし穴が潜んでいるか分からないからだ。相手にそう思わせれば、今後自分のリーチへ反撃しづらくさせる。

ガラクタリーチには、アガられた相手への精神的ショックに加え、後の布石を放つ意味も込められている。単純なようで実は深いリーチなのだ。

 

Mリーガー全29人の

名手を収録した

小冊子付き「近代麻雀」

発売中‼︎

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!