鈴木たろう、オーラスに決めたゼウスの一撃!! 松ヶ瀬隆弥は渾身のチンイツでラス回避!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

鈴木たろう、オーラスに

決めたゼウスの一撃!!

松ヶ瀬隆弥は渾身の

チンイツでラス回避!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の105日目、第2戦は鈴木たろう赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。全員が2万点台で迎えたオーラス、この大接戦を制したのはここ一番で一発ツモを決めた鈴木。8勝目を得て、第1試合4着に沈んだ渡辺の仇討ちを果たした。

第2戦の対局者は、EX風林火山松ヶ瀬隆弥KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳U-NEXT Pirates仲林圭、そして鈴木の4名。

東4局、西家・鈴木が【3ピン】【6ピン】待ちのリーチをかけるも、親の仲林が【發】を仕掛けてのダブ【東】【發】の2600オールをツモアガリ。仲林が一歩リードを掴む。

同1本場、鈴木の5巡目リーチが追いかけてきた岡田を返り討ちに仕留める。【中】・赤1・ウラ1の8000点。鈴木が2番手となり、仲林を追う展開に。

南3局2本場、仲林の先制リーチに親の岡田が追いかける。しかしすでに鈴木もダマテンを入れており、松ヶ瀬もチンイツのテンパイで追いつく。4人テンパイの結末は、仲林が松ヶ瀬に放銃して、8000点。

これによりオーラスは、鈴木がトップ目ながら全員2万点台という大接戦に。仲林と鈴木の2軒リーチとなるも、鈴木が一発ツモ! ドラ2の2000・4000で、一気にトップをもぎ取った。

鈴木はインタビューで、

「バチバチぼくもやりたかったんですよ。バチっていく機会があんまり無くて、なんかいいなぁって…。ぼくもパンって行きたかったんですけどなんかね…。でも最後だけ行かしていただいて、トップを受け入れたんで待ちもなんとかなるだろってことで、なんとかトップ取ることができました。うれしいです」

と語った。

【Result】
1着 鈴木たろう・ドリブンズ 3万8200点/+58.2
2着 仲林圭・Pirates 2万1500点/+1.5
3着 松ヶ瀬隆弥・風林火山 2万400点/▲19.6
4着 岡田紗佳サクラナイツ 1万9900点/▲40.1

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +737.5(94/96)
2位 赤坂ドリブンズ +394.9(94/96)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +216.3(94/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +13.3(92/96)
5位 渋谷ABEMAS ▲0.7(94/96)
6位 EX風林火山 ▲114.9(94/96)
7位 BEAST Japanext ▲254.4(92/96)
8位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲440.2(94/96)
9位 セガサミーフェニックス ▲551.8(92/96)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsサクラ ナイツvsPirates

3月25日(月) 19:00 〜 3月26日(火) 00:00

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsサクラ ナイツvsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/