二階堂瑠美、ボーダー離脱の会心の一勝!! 4位の座も視野に入る!?【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

二階堂瑠美、ボーダー離脱の

会心の一勝!!

4位の座も視野に入る!?

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の105日目、第1戦は二階堂瑠美EX風林火山)が、トップを獲得。序盤にリードした鈴木をまくり、以降トップ街道を逃げ切った二階堂が5勝目をゲット。風林火山は7位BEASTに160ポイント近くの差をつけた。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ渡辺太KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳U-NEXT Pirates鈴木優、そして二階堂の4名。

鈴木のリードで迎えた東2局2本場、西家の二階堂が【東】を鳴いて、赤2のテンパイ。【8マン】をアンカンしたところに親の鈴木のリーチが入るも、二階堂のツモアガリ。1600・3200でわずかに鈴木をかわしてトップ目に立つ。

二階堂は東4局の親番で、喰いタンヤオ・赤2の5800点を渡辺から討ち取ってさらに加点に成功。

南3局1本場では4巡目リーチのピンフ・ドラ1・赤1をツモアガリ。このアガリが決定打となって、個人5勝目を獲得。ボーダー争いの相手、BEASTに厳しい条件を突きつけた。

二階堂はインタビューで、

「うちのチームで唯一MVPが狙える人がいるんですけど、その人が先発なんじゃにないかなと思ってたんです。瑠美さんお願いしますって言われて’わかりました、いいんですか私で?’って思ってきたんですけど、自身のマイナスポイントをプラスにできるチャンスをいただいたので、もう少しオーラスやらしせてもらいたかったんですけど、まぁこんなもんだろなって感じですね」

と語った。

【Result】
1着 二階堂瑠美・風林火山 3万7900点/+57.9
2着 岡田紗佳サクラナイツ 2万4600点/+4.6
3着 鈴木優・Pirates 2万1700点/▲18.3
4着 渡辺太・ドリブンズ 1万5800点/▲44.2

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +736.0(93/96)
2位 赤坂ドリブンズ +336.7(93/96)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +256.4(93/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +13.3(92/96)
5位 渋谷ABEMAS ▲0.7(94/96)
6位 EX風林火山 ▲95.3(93/96)
7位 BEAST Japanext ▲254.4(92/96)
8位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲440.2(94/96)
9位 セガサミーフェニックス ▲551.8(92/96)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsサクラ ナイツvsPirates

3月25日(月) 19:00 〜 3月26日(火) 00:00

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsサクラ ナイツvsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/