白鳥翔、4000オール連発でセミファイナル4勝目!! ABEMAS、盤石の2位浮上!!【Mリーグ2022-23 / セミファイナル 】

白鳥翔、4000オール連発で

セミファイナル4勝目!!

ABEMAS、盤石の2位浮上!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2022-23 セミファイナル」の13日目、第1戦は白鳥翔渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。南場に入って親マンガンを連続してアガった白鳥が4勝目をあげてABEMASを2位に浮上させた。サクラナイツは渋川が痛恨のラスで、絶望的な状況に追い込まれた。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ渋川難波TEAM RAIDEN / 雷電・本田朋広U-NEXT Pirates仲林圭、そして白鳥の4名。

東2局、親の本田が西家・渋川とのリーチ合戦を制する。リーチ・ドラ3・赤2の18000点で、本田がリードを奪う。

南1局、親の仲林がピンフ・赤1をリーチ・一発・ツモの4000オールに仕上げて、本田に肉薄する。

南3局、3着目に甘んじていた白鳥が親番で5巡目リーチ。イーペーコー【7ソウ】【東】のシャンポン待ち。5巡後に高めの【東】をツモアガって4000オール。これで仲林・本田に急接近。

南3局1本場、13巡目に白鳥がリーチをかけると、現在ハコ下の渋川が1巡遅れて渾身のリーチを放つ。ツモリ四暗刻【南】【白】待ち。

しかそ、渋川にツモ番が回ってくることはなく白鳥がツモアガリ。ピンフ・ドラ1・ウラ1の400オールでついにトップ目に立つ。

オーラス4本場、仲林が逆転のリーチをかけるがツモアガることはなく流局してゲームセット。白鳥がセミファイナル4勝目を獲得し、ABEMASは2位に上昇した。

白鳥はインタビューで、

「しびれましたねぇ。仲林さんに走られたときが1番しびれましたけど、はい。1着3着とかでもかなり近づかれちゃうんで、かなりしびれました。日程の関係で最終日、自分たちが打ててPiratesさんのほうが先にポイントが確定するところが大きいかなということで、前のめりに打ったという感じですね」

と語った。

【Result】
1着 白鳥翔・ABEMAS 4万2900点/+62.9
2着 仲林圭・Pirates 3万8900点/+18.9
3着 本田朋広・雷電 2万8600点/▲11.4
4着 渋川難波サクラナイツ ▲1万400点/▲70.4

【Total】
1位 TEAM RAIDEN / 雷電 +247.3(17/20)
2位 渋谷ABEMAS +244.0(17/20)
3位 EX風林火山 +212.3(16/20)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +146.0(16/20)
5位 U-NEXT Pirates +16.5(17/20)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲321.6(17/20)

朝日新聞 Mリーグ サクラナイツvsABEMASvs雷電vsPirates 

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:河野直也
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞 Mリーグ サクラナイツvsABEMASvs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/