ブレーキ崩壊ノンストップ! 伊達朱里紗が無慈悲に抜き去る南1局の大連荘!【Mリーグ2022-23観戦記1/16】担当記者:徳岡明信

ブレーキ崩壊ノンストップ!
伊達朱里紗が無慈悲に抜き去る
南1局の大連荘!

文・徳岡明信【月曜担当ライター】2023年1月16日

第1試合では渋谷ABEMAS日向藍子がトップを獲得し、チームに降り注ぐ不調の長い雨がついに止んだ。常勝帝国再建へ、松本が日向に続いてチーム連勝となるか!?

第2試合

東家:伊達朱里紗 (KONAMI麻雀格闘倶楽部)
南家:松本吉弘 (渋谷ABEMAS)
西家:仲林圭 (U-NEXT Pirates)
北家:黒沢咲 (TEAM雷電)

東2局

黒沢が【中】をポン(もちろん2鳴き)してホンイツのイーシャンテンへ。
フーロ率堂々の(!?)32位の黒沢の仕掛けに全員が震撼する…

…かと、思われたが
ここに切り込む勇者が1人。
親番の松本が果敢にドラ1のカン【7マン】でリーチだ!

仲林も打点も形も充分のイーシャンテン。松本のリーチの直前にアガリ牌の【7マン】も処理出来ている。【3マン】をしっかりプッシュして、今か今かとテンパイを待つ。

【3ピン】【6ピン】【9ピン】なら勝負の価値アリと判断か、【赤5ソウ】をぶった切って追いかけリーチだ!

仲林の宣言牌の【赤5ソウ】をチーして黒沢もテンパイ。
しかし、前巡松本の現物で残してしまった【3ピン】が仲林にジャストミート。

まずはこの試合、仲林が一歩抜け出す8000点のアガリ。
第1試合では日向とのデットヒートの末、悔しい2着となった鈴木優の無念を晴らしに、そして個人連勝を目指してスタートダッシュを切る!

黒沢にはかなり後悔が残る1局となってしまった。

仲林が親の松本のリーチに対して【3マン】をプッシュ→その後、松本から切られる【赤5マン】を鳴いていない事なども考慮すると【3ピン】よりも【5マン】は残せていたかもかもしれない。

黒沢も裏インタビューでは【5マン】を手拍子で合わせてしまった感があると話していた。

【5マン】【3ピン】も松本の現物なのでとても難しい選択ではあるが…。
ここからの黒沢の巻き返しに期待したい!

続く東3局

伊達は早くもジュンチャン三色がくっきり見えている。
先にドラの【北】を逃がすも…

これを北家の松本がポン!
何とポンテンの【4ソウ】【7ソウ】待ちだ!

このイーシャンテンの伊達が【7ソウ】を止められるはずもなく…

松本の電光石火の満貫のアガリ!
トップ目の仲林にピタッと並走だ!

東場は男性陣が大きなアガリを決めて1歩リード。
流局を挟んで早くも南1局1本場

ここでも松本が手牌に恵まれ、絶好のカン【7ピン】引きからの先制リーチ!
これに対抗するのは…

ドラの【發】がアンコの伊達だ!
【6ソウ】を勝負してカン【3ソウ】で徹底抗戦だ!

とはいえ、松本の【1ソウ】【4ソウ】待ちは山に5枚。
対して伊達のカン【3ソウ】待ちは山に2枚。
枚数差では松本がかなり有利だが…

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊