伊達朱里紗(だてありさ)、プロ雀士と声優の二足のわらじをはきこなす実力派

声優として活躍、そしてプロ雀士の道へ…

伊達朱里紗(だてありさ)は日本プロ麻雀連盟に所属するプロ雀士である。
立命館大学映像学部出身、2013年に声優デビュー。
2014年には麻雀を題材としたアニメ「咲-Saki- 全国編」でメインキャラクター・上重漫を演じ、その後も声優として多くのキャラクターに命を吹き込み人気を集める。
2019年に日本プロ麻雀連盟のプロテストを合格しプロ雀士としてデビュー。
2020年には「麻雀格闘倶楽部 疾風」参戦を決める。

自身にとって最後のチャンスで掴んだ初タイトル

プロデビューから様々な対局に積極的に参戦。
入会直後、自団体内タイトル第6期JPML WRCリーグでは予選から多くの戦いを勝ち上がり決勝進出。決勝戦ではAリーガーのダンプ大橋や吉田直らと戦い敗れるも、その健闘は業界の話題となる。
そして2021年、自身にとっては参加資格的に最後のチャンスであった「第一期桜蕾戦(おうらいせん)」で悲願の初タイトルを獲得。決勝戦のメンバーは内田みこ・早川林香・中田花奈

伊達本人による自戦記:ここは決勝!リーチ!【伊達朱里紗 桜蕾戦自戦記】

関連記事:桜蕾戦(おうらいせん)、優勝は「咲-Saki-」声優の伊達朱里紗プロ!注目の中田花奈プロは4位

伊達朱里紗同年、EX風林火山ドラフト会議指名選手オーディションに参加、アドバンテージを活かし好位につけるも、最終日に抜かれ涙を呑んだ。

関連記事:矢島亨、伊達朱里紗の夢を打ち砕く…松ヶ瀬隆弥の四暗刻!【EX風林火山ニューメンバーオーディション4コマ】作・藤島じゅん

今後活躍が期待される若手雀士として、RTD Girls Tournament 2021への参戦も決まり、業界内外で注目される選手の一人である。

生年月日 1991年5月10日
出身地 兵庫県
プロ入会 2019年
所属プロ団体 日本プロ麻雀連盟(35期生)
LINK Twitter:伊達朱里紗(だてありさ)
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!