晶さん、あとは任せた!チームメイトへの思いを刻んだ茅森早香の闘牌 【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio

熱論!Mリーグ【Fri】

晶さん、あとは任せた!

チームメイトへの

思いを刻んだ茅森早香の闘牌 

文・masasio【金曜担当ライター】2019年12月20日

「今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします」

「ただいま年末料金でのご案内になっております」

そんな会話が聞かれるようになってきた今日この頃、いよいよ年の瀬を感じる時期になってきた。「師走」という言葉もあるように、この時期は何かと忙しく気持ちもどこか落ち着かないものだ。

大和証券Mリーグ2019

今日12月20日は2019年最後の開催日となった。

レギュラーシーズンは日程の約半分を終えたところだ。2020年に入っても闘いは続いていくが、ひとまず区切りの日を迎えた。

気分良く新年を迎えるためにも、各チームいつもよりも気合が入っていることだろう。

季節のせいだろうか、どことなくざわついた雰囲気の中、試合が始まった。

1回戦

東家 瑞原明奈U-NEXTパイレーツ

南家 勝又健志EX風林火山

西家 岡田紗佳サクラナイツ

北家 茅森早香セガサミーフェニックス

東場はじりじりとした展開が続く。

東2局2本場に茅森が瑞原からマンガンをアガった以外は、大きな点棒の動きもなく局が進んでいく。

4

マンガンを放銃した瑞原の進行に注目。

丁寧に字牌から切り出していき、を重ねてチートイツのイーシャンテンになった。

チートイツに絞るなら切りだが瑞原はを選択。

引きのメンツ手とトイトイも見た自然な一打だ。

次巡を引いて分岐点。

トイメンの岡田がと手出ししており、は持って無さそうだ。

上家の茅森もを切った後に字牌の切り出しでは使っていないだろうか。

「ちょっといいかも・・・」

そんなことを考えたかどうかは分からないが、少考後を切った。

ピンズの形が違っていればチートイツの決め打ちもあったかもしれないが、この形ではメンツ手は見切れない。

そうこうしている間に勝又からリーチが入る。

 

ドラのでアガれば123の三色だ。

このリーチは実に勝又らしい手順だった。

5巡目にを切っている勝又、ここからはツモ切り。

リーチのみの受け入れは拒否すると―

 

次巡、完全イーシャンテンになるを引いて切り。

と切ることでマンズの上の方(など)を持っていそうに見える。

少しでも他家の読みを外そうとする作戦だ。

もちろんがドラそばで後々危険になりやすいという理由もある。

勝又なら将来のの出アガリの布石としてもツモ切るかと思ったが、の受け入れも大事ということで素直にを切った。

はツモ切るけれどは残す。

12月のざわつきもどこへやら。

冷静な打ち回しだ。

一方、本格的にざわついてきたのが瑞原だ。

  • 雀荘感想キャンペーン
    Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!