麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント「恐れ知らずの打撃戦」観戦記【B卓】準鳳凰位・HIRO柴田と不器用なイケメン大和「技術と愚直」が場を制す

麻雀最強戦2019

男子プレミアトーナメント

「恐れ知らずの打撃戦」B卓

準鳳凰位・HIRO柴田と

不器用なイケメン大和

「技術と愚直」が場を制す

【B卓】担当記者:危険な鬼太郎 2019年6月30日(日)

 

数年前、角谷ヨウスケの「さぼらない麻雀」は一世を風靡した。リーチに対して危険牌の先打ち、ベタ降りはしない。鳴きは守備力を上げる等々。麻雀のトレンドを新しく作ったと言っても過言ではない。

それから時代が立ち、麻雀戦術のトレンドがたくさん増えた。角谷の戦術も数ある中の戦術の一つになった。

自分の強さを証明するためには勝つしかない。やる気満々なインタビューを見て角谷のやる気を私は感じた。

東1局

私には新谷翔平の一打が微妙に映った。

2枚切れのカンのタンヤオ聴牌を取ってドラ打ち。

私は個人的にこれはを切ってほしかった。このカン聴牌に何の意味があるのか。

例えばを引いたとしてもカンのタンヤオドラ1リーチが打てるし、フリテンのを引いても3面張。これでリーチも打てる。

裏目のドラのを引き、これで新谷は聴牌逃し。だが、痛かったのはこれだけではなかった。

メンホン七対子の大和がこの聴牌。

ドラのが2枚切れていることもあって、単騎に受ける大和。もし、新谷がドラのを打たないで重ねていると、おそらく大和は単騎でリーチしたのではないだろうか?

これに放銃したのが角谷

打った角谷も痛いが、新谷も痛い。だが、東1局のマンガン程度では勝負は全く分からない。

東3局

HIRO柴田がツモリ四暗刻のリーチ!

もよさそうだが、2人を早めに切っている人がいる。こういう人はマンズの上を抱えていないことが多いのでも期待できる。

今日一番、コメント欄が盛り上がる。

これに親の新谷が降りずにをポンしてこの聴牌。

ホンイツドラ1の待ちだ。

これに放銃してしまうのが、さぼらない麻雀・角谷。

ピンズは全部切れず、親がホンイツで手出しとは言え、思わず手を掛けてしまった。

もしかしたら、東1局にマンガンを放銃しなかったらこんなにブクブクにしなかったかもしれないが、5800の放銃は痛すぎる。

東3局

HIRO柴田の選択が光る。

カンの一気通貫ドラ1の聴牌を入れての選択

大和がでチーをしている。そして自分の目からは3枚見えでよく見えるが、ここはカンの聴牌を取る。

「ここまでよく見えるカンが出ないのはおかしい…。おそらくは大和以外の人に対子か?だったらカンの方がアガリはある」

そしてすぐさまをツモってマンガンをアガるHIRO柴田。いったい何人の人間が、そして何人のプロがこのアガリを拾えるのか?というぐらい鋭いアガリだった。

南1局

点数状況的に親番を落とせない角谷だが、ここで新谷がタンヤオの3フーロ。

タンヤオの待ちだ。ここは点数が競っているので3人で二つの椅子を争いたい。だから、点数の離れた親番の角谷には辛く打つ。