麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント「恐れ知らずの打撃戦」観戦記【B卓】準鳳凰位・HIRO柴田と不器用なイケメン大和「技術と愚直」が場を制す




ここで追いつくのがドラドラのHIRO柴田。

チー!ポンでの聴牌。

ここで新谷のド本命の牌のを切ってチャンタを付けた。

新谷に放銃しても千点なのは明らかだ。なら、ここで3900をアガるよりも多少危険なを打ってマンガンをアガるほうが勝ち上がりの確率は高くなるはずだ。

このをツモれる打ち手は全国各地にいるだろう。だが、何人が1000-2000で、何人が2000-4000のアガリを生み出せるのだろうか?

恐らくはHIRO柴田のようにマンガンをアガれる打ち手は少数派のように思えた。

南3局

ここまでリスクを取ることを避け続けてきた大和がリーチを掛ける。

このカンで勝負を掛けた。は自分の目からが4枚見えている牌。他の無筋よりかはましだし、この手をアガリきれれば自分の勝利はほぼ確実と言っても過言ではない。

これに放銃したのが角谷。

メンチンが見えて倍満も簡単に見えるこの手でを切るのは仕方がない。今日の角谷は圧倒的についてなかった。

オーラスは新谷に1600-3200ツモの条件が残ったが、大和がアガって決着した。

勝ち上がりは HIRO柴田 大和の両名!

HIRO柴田は局面局面で、常に良い打牌を選択し続けて他の3者を圧倒した打牌選択を見せた。

大和はメンゼンで手役を作り、鳴きは極力しなかった。自分の麻雀を魅せながら悠々と勝ち上がった。

雀王決定戦の準優勝と、鳳凰位決定戦の準優勝が残った今大会。

いったい、どのような打撃戦が繰り広げられるか非常に楽しみだ。

 

危険な鬼太郎
小説家に憧れる中で、競技麻雀に惚れ込んだ二十代。視聴者と一緒の視点に立ってわかりやすい記事を書いていきたい新人ライター。ツイッターはこちら→危険な鬼太郎