麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント「恐れ知らずの打撃戦」観戦記【決勝卓】鳴いたら大和じゃない!下石戟の執念を跳ね返した「愚直スルー」




麻雀最強戦2019

男子プレミアトーナメント

恐れ知らずの打撃戦・決勝卓

鳴いたら大和じゃない!

下石戟の執念を跳ね返した

「愚直スルー」

【B卓】担当記者:masasio 2019年6月30日(日)

 

男子プレミアトーナメント決勝戦、最後の一枠を勝ち取るのは誰か?

東家 HIRO柴田

南家 山田学武

西家 大和

北家 下石戟

 

東1局

早速各選手が個性を見せる。

4巡目、手なりならだが、安全牌として1枚は持っておきたいところ。

ここは柔らかくのトイツ落としを選択。

手が進みまたしても難しいところだが、ここでもを安全牌として残して,1枚切れのを切った。

裏目はの1枚だけで安全度も維持できている。

 

最終形はこの形。

234、345の三色が自然に見え、安全牌も確保できている。

非常にうまい手牌進行だと感心した。

柔らかい選択でプレミアトーナメント決勝進出を狙う。

予選A卓1位通過 下石戟!!

 

 

は1枚切れ。

自分の手はリャンメンが3つあるがリーチのみになりそう。

安全牌をもってを切る人も多いが、ここはを切ってめいっぱいに構えた。

これが大正解で次のツモが

下石とは対照的な手順で先制リーチにこぎつけた。

腰の重い麻雀で決勝でもトップを取ることができるか?

  予選B卓1位通過 大和

 

 

トイツが4組。

がトイツで仕掛けても行けるが、ドラのが1枚浮いている。

を切らずにここでを切ってチートイツに決めた。

4人の中で一番プロ歴は浅いが、見切りの良い麻雀で最強意を目指す。

予選A卓2位通過 山田学武!!