あなたは伊達朱里紗になって勝利の水を飲めるか?! 実戦! 伊達朱里紗何切る5選! 【Mリーグ2021観戦記12/16】担当記者:ゆうせー

あなたは

伊達朱里紗になって

勝利の水を飲めるか?!

実戦! 伊達朱里紗

何切る5選!

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2021年12月16日

話題沸騰。伊達朱里紗の選択が面白い。

伊達の打牌を見たあとには、「確かにそういう選択もあるなぁ…」という納得感とともに、新鮮な驚きを覚える。

この試合も、伊達の選択が要所で光った。

この記事では、何切る形式で試合のターニングポイントとなった伊達の思考を追っていきたいと思う。

みなさんも「伊達は何を切るのだろう?」「自分ならこれだな」と考えながら見ていただけたら幸いである。

第一試合

解説 渋川難波  実況 日吉辰哉

東1局。

伊達は、

4巡目にしてドラ2枚と赤を手中に。

そこへ、

対面の村上から【3ソウ】が出た。

第1問

Q.この【3ソウ】を伊達は…

①スルー ②ポンして打【西】 ③ポンして打【3ピン】

 

 

正解は、

ポンをした! そして、

【3ピン】だ!

③ポンして打【3ピン】とした理由を考察してみよう。

まずポンをすると、

①一手進んでリャンシャンテンになる

【5ピン】【8ピン】が薄くどのみち門前ではやや厳しい

③仕掛けることによって他家にプレッシャーを与えながら進行出来る

④対面の村上が【5ピン】に続いて【3ソウ】を切ってきたことによって、マンズのホンイツをしている可能性が出てたので【6ソウ】のポンにもある程度期待が持てる

これらが理由として挙げられるだろう。

そして打【3ピン】【2ピン】としていくのが趣深い。高い手で仕掛けたとはいえ、先手がとれそうにない手牌なので、片アガリの可能性がある【2ピン】【3ピン】ターツを払って、

【6ピン】【7ピン】+【赤5ソウ】【5ソウ】+【6ソウ】【6ソウ】+【4マン】【5マン】+ポン【3ソウ】【3ソウ】【3ソウ】

の5ブロックに構え、残りの部分を安全牌に充てるのが狙いだ。

対して、【2ピン】【3ピン】を持っての6ブロック進行は、中盤にどこか1ブロックを払わなければいけなくなって守備面に不安が残る。

ポンをして前に出るけれども、がむしゃらに突っ込んでいくわけではない。そんな絶妙なバランス。

他の選択肢も紹介すると、①のスルーは門前での最終形が好形になるのが魅力的だ。①も有力だろう。私は①にしそうだ。②のポンして打【西】は、6ブロック進行の喰いタンとなって、手牌が短い状態で真ん中の牌ばかりになるので、あまりオススメ出来ない。

この手は12巡目に、

松ヶ瀬のリーチを受けながら【8ピン】を引き入れる。取っておいた安全牌の【白】を切ってテンパイだ。

いきなり伊達に寄っていくカメラ。3秒間だけ僕らは突然恋をするが、

この局は松ヶ瀬の一発ツモ。2000-4000のアガリとなった。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!