我慢と知性で足掻いたオーラス  園田賢のボーダーラインは、そこじゃない【須田良規のMリーグ2022-23セレクト・10月27日】

10月27日(木)の第2試合のオーラスは、固唾を呑んで結末を見守っていた視聴者の方も多かっただろう。

点棒状況は、東家から、

赤坂ドリブンズ園田賢 13300
KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾 30400
KONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗 21900
セガサミーフェニックス魚谷侑未 32400

となっていた。
供託は2本、3本場である。

魚谷がトップ目で堀が2000点差の2着。
堀と8500点差の3着に伊達がいる。

園田はラス目。今日まで赤坂ドリブンズは最下位で、この日も初戦に鈴木たろうが4着。
それぞれのメンバーが素晴らしい内容で戦っているものの、
あと一歩の牌運に恵まれない、または惜しい選択の敗着に泣く印象がある。

今回もラス親に一縷の望みをつないで園田が懸命に喘いでいた。
その戦いぶりは、本当に胸を熱くさせるものがあった。

アガリトップの堀が10巡目にポンテン。

【白】を鳴いて打【7マン】【2マン】【5マン】待ちである。

このときまだ園田はこんな形だ。

浮いている【2マン】【5マン】は当たりのリャンシャンテン。
ここから園田が追いつき、連荘を果たすことなどできるのだろうか?

【6マン】がくっつき、【2マン】【5マン】を打たずに済んだ。

13巡目に上家の魚谷から【1マン】が打たれ、チー。
形式テンパイに向かう。【1マン】【4マン】【7マン】は場に5枚目である。

しかし次巡──。

園田が掴んだのは、当たり牌の【2マン】
次巡には、こうなる。

死ぬほど目一杯に受けたい最終局面。
堀の捨て牌を注視する。

堀は【1マン】を切った後離れて【3マン】を手出し、
【白】ポンで打【7マン】のテンパイである。

ピンズももちろん全部危ないが、
【6マン】が雀頭で【2マン】【5マン】待ちという形はかなり想像の範疇にあっただろう。

園田は、この【2マン】を打たないだろう。
それは私も期待があった。

園田は、今日まで何度も、相手の手牌に対する読みを諦めず、怠らず、止めてきた実績があった。

ただし──、園田の残りツモ番は2回である。

ここはもう、堀の待ちがピンズであることに賭けて、【2マン】を切るべきなのかもしれない。
通るのはソーズだが、それでは【2ピン】【5ピン】【2マン】ツモしかテンパイしない。
いくらなんでも、厳しすぎる。

しかし園田は、歯を食いしばって【6ソウ】を滑らせた。
テンパイ効率は格段に落ちる。
だが今この手で切れるのはソーズしかない。

園田を嘲笑うように、次巡のツモは【8ソウ】だった。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!