渋川難波、三つ巴の戦いを制して、個人4勝目!! そして堂々の連闘宣言!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

渋川難波、

三つ巴の戦いを制して、

個人4勝目!!

そして堂々の連闘宣言!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の54日目、第1戦は渋川難波KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。終始、攻撃的な姿勢を崩さなかった渋川が個人4勝目、そして自信の連闘宣言。伊達のラスによって首位が風林火山に入れ替わった。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗渋谷ABEMAS日向藍子TEAM RAIDEN / 雷電・黒沢咲、そして渋川の4名。

東2局、北家の渋川は9巡目にリーチをかける。ピンフ・赤1の【2マン】【5マン】待ち。これに対してダブ【東】を仕掛けていて既にテンパイしていた伊達が【5マン】で放銃。ドラ(【5マン】)1・ウラ1の12000点で、渋川がリードを奪う。

東4局は渋川・黒沢・日向の3軒リーチ対決となり、親の日向に軍配が上がる。ピンフ・高めタンヤオイーペーコー・ドラ2のツモアガリで6000オール。日向が渋川をかわして一気にトップ目に立つ。

しかし同1本場、黒沢が日向からリーチ・一発・チートイツの6400点を召し上げて、日向・渋川・黒沢の三つ巴戦となる。

決定打が出たのは南3局。渋川が日向からリーチ・ピンフの2000点のアガリ… と思いきやウラが2枚乗って8000点。このアガリで渋川が抜けたトップ目となり、最終局も渋川が喰いタンヤオの1000点を日向から仕留めて試合終了。4勝目を手にした渋川の口からは連闘宣言が飛び出した。

渋川はインタビューで、

「今日、ほんとにトップ取りたかったんで、いきなり12000をアガれたんでこれを逃してなるものかと思って、いろいろ攻めきった結果なんとかトップ取れてよかったです。東4局に6000オールを日向さんに引かれ一気に逆転されたんで、逃げ惑うだけじゃダメだなとギアを攻めに持て行けたんですね」

と語った。

【Result】
1着 渋川難波サクラナイツ 4万800点/+60.8
2着 日向藍子・ABEMAS 3万500点/+10.5
3着 黒沢咲・雷電 2万8700点/▲11.3
4着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 0点/▲60.0

【Total】
1位 EX風林火山 +279.7(54/94)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +259.5(53/94)
3位 渋谷ABEMAS +228.8(53/94)
4位 TEAM RAIDEN / 雷電 +183.7(53/94)
5位 U-NEXT Pirates +33.1(54/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲78.2(53/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲420.4(54/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲486.0(54/94)

大和証券 Mリーグ サクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsABEMAS vs雷電

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ サクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsABEMAS vs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊