滝沢和典、個人2連勝!! 伊達の敗戦をリカバーして即座に首位に返り咲き!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

滝沢和典、個人2連勝!!

伊達の敗戦をリカバーして、

即座に首位に返り咲き!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の54日目、第2戦は滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。要所でアガリをものにした滝沢が親番で、トップ目の萩原から直撃を奪って故事2連勝。麻雀格闘倶楽部が一戦で首位奪還に成功した。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ渋川難波渋谷ABEMAS多井隆晴TEAM RAIDEN / 雷電・萩原聖人、そして滝沢の4名。

萩原のリードでむかえた南1局、滝沢と渋川のリーチ合戦は滝沢の勝利に。ピンフイーペーコー・ドラ1の8000点で、滝沢がわずかに萩原をかわしてトップ目に立つ。

南2局1本場、萩原がリーチ・ツモ・ドラ1・赤1・ウラ1の2000・4000のアガリをものにして、ふたたびトップ目に立つ。

そのまま萩原のリードで試合は進行するが、決定打がでたのは南4局3本場。好配牌をもらった滝沢が親番で赤2のテンパイ、4巡目即リーチに出る。待ちはカン【6ソウ】。これに役なしテンパイでプッシュしていた萩原が【6ソウ】もツモ切るが、7700点の直撃で滝沢が再逆転。

同4本場は、多井が3着に上昇するホンイツハイテイ【白】の2000・4000のツモアガリで試合終了。滝沢が個人連勝で、ふたたび麻雀格闘倶楽部が首位に返り咲いた。

滝沢はインタビューで、

「こないだ苦しい苦しいって言いながらやっとトップを取ったんですけど、今回はわりと楽にトップが取れてしまいました。今まで伊達さん高宮さんには非常にお世話になってたので、ちょっとお返しできて良かったです」

と語った。

【Result】
1着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 3万4600点/+54.6
2着 萩原聖人・雷電 2万4500点/+4.5
3着 多井隆晴・ABEMAS 2万3900点/▲16.1
4着 渋川難波サクラナイツ 1万7000点/▲43.0

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +313.9(54/94)
2位 EX風林火山 +279.7(54/94)
3位 渋谷ABEMAS +212.7(54/94)
4位 TEAM RAIDEN / 雷電 +188.2(54/94)
5位 U-NEXT Pirates +33.1(54/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲121.2(54/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲420.4(54/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲486.0(54/94)

大和証券 Mリーグ サクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsABEMAS vs雷電

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ サクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsABEMAS vs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊