石橋伸洋、大接戦を制して個人3勝目!! 絶好調のこの男が、ついにABEMASを捉えた!!

石橋伸洋、
大接戦を制して個人3勝目!!

絶好調のこの男が、
ついにABEMASを捉えた!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」の7日目第2戦は、石橋伸洋U-NEXT Pirates)がトップを獲得。

石橋はセミファイナルに4戦出場して3トップという絶好調ぶり。僅差の試合を1人テンパイで逃げ切りトップという僥倖に恵まれたものの、これで3位のABEMASに1.9ポイント差にまで詰め寄った。

2回戦の対局者は、渋谷ABEMAS多井隆晴KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人TEAM雷電黒沢咲、そして石橋。

東2局1本場、南家の石橋はをポンしてホンイツ狙い。をアンコにして待ちでテンパイ。この手を黒沢から討ち取って5200。石橋が一歩リードする。

次局の石橋の親番。佐々木の先制リーチが入るも、石橋がヤミテンで多井からサンショク・ドラ1のカンを討ち取って7700。石橋が効果的に加点する。

同1本場は、佐々木と黒沢のリーチ合戦。ドラ単騎の佐々木に黒沢が飛び込んで8000点のアガリ。

しかし次局、黒沢がリーチ・ツモ・ドラ1・赤1のマンガンツモで即座に回復。

接戦で迎えた南3局。先制したのは多井。ラス目ながらピンフ・ドラ1で即リーチ。待ちは。2巡後に黒沢が追いかける。赤1の待ちでリーチ。石橋もドラ2・赤1で追いつくが、決着は多井のツモアガリ。

このアガリで、微差で黒沢をかわして3着に浮上した多井。全員2万点台で迎えたオーラス、ラス親の多井がテンパイすることなく流局。石橋の1人テンパイでの逃げ切りトップで試合終了となった。

勝利者インタビューで石橋は「嬉しいんですけど、あんまり勝った気分にならないというか…。最後も多井さんにテンパイが入ればどうなるかわからない状況だったので、ラッキーですね。4位にいると狙われるので、早めにポイントを増やしてターゲットにならないようにしたいですねと語った。

【Result】
1着 石橋伸洋・パイレーツ 3万1500点/+51.5
2着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 2万6800点/+6.8
3着 多井隆晴・ABEMAS 2万1700点/▲18.3
4着 黒沢咲・雷電 2万0000点/▲40.0

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +233.1(8/16)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +193.7(8/16)
3位 渋谷ABEMAS +66.7(10/16)
4位 U-NEXT Pirates +64.8(10/16)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲56.5(10/16)
6位 TEAM雷電 ▲136.4(10/16)
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」

3月24日の対戦は
渋谷ABEMASvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

セミファイナルシリーズは、
レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。

キャスト

渋谷ABEMAS
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:園田賢
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ7日目

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!