みんなで一緒に“ゴリラ麻雀” 担当記者 ゆうせー【Mリーグ2023-24観戦記 3/7 白鳥翔 VS 瑞原明奈 VS 醍醐大 VS 猿川真寿】

みんなで一緒に“ゴリラ麻雀”

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2024年3月7日

瑞原明奈は試合前に、控室でこう語った。

「私、役牌に嫌われてるんですよ」

第1試合

東家:白鳥翔渋谷ABEMAS
南家:瑞原明奈U-NEXT Pirates
西家:醍醐大セガサミーフェニックス
北家:猿川真寿BEAST Japanext

誤解がないように言っておくと、冒頭の文言はYouTubeの配信で、

「どうやったら麻雀牌と仲良くなれるんですか?」

という質問に瑞原が、

「牌を可愛がってしつけてあげる」

と冗談まじりで答えていたときのものだ。

「牌を可愛がるとよい」というのは、解説でおなじみの土田浩翔がよく話している考え方。

瑞原は、アベマプレミアムの宣伝でもよく語っているように、

麻雀を見るのが非常に好きで、そこから麻雀ハマっていった。

だからこそ、解説でよく聞いた土田イズムを、心の中に留めおいているのだろう。

もちろん、この考えを元として、実戦で最善とされる選択を変えるわけではない。

しかし、瑞原が「役牌を切るのが早い」のは事実だ。だから、瑞原は「役牌には嫌われてるだろうなー」と言っているのである。

そしてこの「役牌の早いリリース」こそ、

最近よく聞く“ゴリラ麻雀”の、2大ポイントのうちの1つなのだ。

東1局1本場

瑞原はここで、

【東】から打った!

まだまだブロックは足りないものの、浮いている数牌が真ん中ばかり。仕上がれば、タンヤオピンフ、234の三色といった手役が狙える。

そして、門前で進めてリーチと組み合わせれば破壊力倍増だ。

一方で、役牌が重なっても、鳴くと安くなってしまう。

ならば、率先して河に役牌を並べることで場に役牌を安くして、

「みんな一緒に門前で進めようね!」

という提案をしているのである。

同じ最高位戦所属で、Mリーグファンにもおなじみの村上淳の切り出しに近い、というとイメージが湧きやすいだろうか。

ちなみに、ルールこそ違えど麻雀AI「NAGA」の解析にかけるとまた面白い。

こんな感じになる。牌の上に伸びているのが、推奨度のバーなのだが、全5タイプのうち、今画面に映っているヒバカリ以外は、役牌の重なりを重視してオタ風の【西】切りを推奨している。

ただ、【東】切りを推しているヒバカリタイプは、「門前の2ハン役を重視して、少し速度を落としてでも価値ある手を作ってリーチを打つ」重厚なモデル。

まさに、瑞原の打ち筋とリンクしているではないか。

もちろん、役牌を重ねて、もしくはアンコにしてのアガリルートも有力なので打【西】とするのにも異論はないが、「決め手特化」の打【東】もルートとして有力だということが分かる、非常に興味深い局面であった。

この手が、

8巡目にテンパイし、「おりゃっ!」とリーチ!

Mリーグの麻雀では、誰かと一緒にアガってゴールインすることは出来ない。

打点を最大にしつつ1着でテープを切ることを狙ったが、この局は流局となった。

次の東2局2本場では、

緩急をつけてダマテンに構え、猿川から12000は12600の大物手をアガる。これで瑞原はトップ目に。

続く東2局3本場

瑞原は少しの間の後で、

ドラの【中】を切った!

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/