猿川真寿(さるかわまさとし)、モンキーマジックで魅せる奇跡のアガリ

猿川真寿(さるかわまさとし)は日本プロ麻雀連盟に所属するプロ雀士である。

通り名は「プロ雀士サル」

1979年生4月18日生まれ、静岡県出身。
小学2年生の時に、兄と一緒に本で麻雀を学ぶ。

2001年、日本プロ麻雀連盟入会(17期)。同期には勝又健志・前田直哉らがいる。
2008年、第17期麻雀マスターズで初タイトル獲得。
麻雀アーケードゲーム「麻雀格闘俱楽部」出演中。

尊敬するプロ雀士は荒正義
普段は同団体での立会人等の仕事をしている。
妻であるプロ雀士石田亜沙己との間で、公開往復日記を連載していた。

関連記事:昭和最後の破天荒雀士 猿川真寿が綴る 「プロ雀士の夫婦事情」第2回

自身の雀風を問われた質問では「自在型」と回答。
ファンに「モンキーマジック」と呼ばれているオリジナルの切り出しから生まれる威力抜群のアガリが必殺技。

また、麻雀最強戦と非常に相性がいいプロ雀士のひとり。
現在まで、9回出場5回のファイナル出場を決めている。
麻雀最強戦2021男子プロ鋭気集中でも勝ち上がり、年末のファイナルへ駒を進めた。

関連記事:「勝つのは俺だ!」最強戦の申し子、猿川真寿が打ち出す最強戦での勝ち方 麻雀最強戦2021「男子プロ鋭気集中」観戦記【決勝卓】

 

猿川真寿 プロフィール

生年月日 1979年4月18日
出身地 静岡県
プロ入会 2001年
所属プロ団体 日本プロ麻雀連盟(17期生)
SNS Twitter:猿川真寿

 

 

 

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!