荒正義(あらまさよし)、時を超え動き続ける「精密機械」

荒正義

荒正義

荒正義(あらまさよし)は日本プロ麻雀連盟に所属するプロ雀士である。
日本プロ麻雀連盟・副会長でもある。

キャッチコピーは「精密機械」。それ以外にも「北海の荒法師」「最後の裏プロ」等がある。

1985年、日本プロ麻雀連盟の設立とともに入会。
最強位や鳳凰位といった数多くのタイトルを獲得。
トッププロとしての活動期間が長く、同一タイトルを数十年ぶりに戴冠する、というパターンも多い。(王位の24年、鳳凰位の20年ぶり獲得など)
2021年、第38期十段位を獲得し、日本プロ麻雀連盟初の同団体グランドスラム(鳳凰位・十段位・王位・マスターズ)達成。変わらぬ強さを見せつけた。

現在も、麻雀最強戦2021ファイナルに駒を進めており、同一タイトル再戴冠記録の更新にも注目が集まっている。

関連記事:伝説はやはり強かった サイボーグ・小林剛との打ち合いを制した精密機械・荒正義 麻雀最強戦2021「男子プロ歴代王者決戦」観戦記

ポイント状況を見定めたシビアなアガリや仕掛けが特徴。
失点は避けながらもぎりぎりまで攻める麻雀には業界内外問わずファンが多い。

 

荒正義 獲得タイトル

第10期 最強位
第8・28期 鳳凰位
第5期 麻雀グランプリ 優勝
グランプリ2006・2009 優勝
第5・29期 王位
第12期 麻雀マスターズ 優勝
第38期 十段位

荒正義 プロフィール

生年月日 1952年4月12日
出身地 北海道
プロ入会 1974年
所属プロ団体 日本プロ麻雀連盟(1期生)
SNS ブログ:荒正義

 

 

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • 荒正義

    この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!