鈴木たろう、個人3連勝!! ボーダー戦線に異常アリ、雷電陥落・BEAST浮上!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

鈴木たろう、個人3連勝!!

ボーダー戦線に異常アリ、

雷電陥落・BEAST浮上!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の96日目、第1戦は鈴木たろう赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。混戦となった第1試合、ラス前にカン【4マン】待ちを覚悟のリーチでツモアガった鈴木に軍配が上がった。黒沢・雷電が4着で無念の7位後退。BEASTが6位浮上となった。

第1戦の対局者は、TEAM RAIDEN / 雷電・黒沢咲EX風林火山二階堂瑠美KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まり、そして鈴木の4名。

黒沢のリードでむかえた東3局2本場、【東】を鳴いた南家・鈴木のドラ2・赤1のペン【7ピン】待ちに黒沢が飛び込んで8000点。鈴木が3番手からトップ目に浮上する。

南2局、北家・高宮が8巡目リーチを一発ツモ。ピンフタンヤオの2000・4000で、高宮がトップ目に。

つづく南3局、今度は鈴木がタンヤオ・赤1のカン【4マン】待ちをリーチ・ツモ。2000・4000をアガリ返して再びトップ目に。

オーラスは二階堂が3着キープのリーチ・赤1の2600点を黒沢からアガって試合終了。黒沢が4着で雷電が7位陥落。6位にBEASTが浮上した。

鈴木はインタビューで、

「(3連勝)やりましたねぇ。トップと2着の差が一番大きいのでトップを取れるだけで大満足です。とりあえずやりました。この調子でドリブンズ、セミファイナル・ファイナルと頑張っていきますので引き続き楽しんでいただけたらと思います」

と語った。

【Result】
1着 鈴木たろう・ドリブンズ 3万5000点/+55.0
2着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 2万6800点/+6.8
3着 二階堂瑠美・風林火山 2万2400点/▲17.6
4着 黒沢咲・雷電 1万5800点/▲44.2

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +526.6(86/96)
2位 赤坂ドリブンズ +458.5(85/96)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +263.8(84/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +126.2(83/96)
5位 渋谷ABEMAS +99.4(86/96)
6位 BEAST Japanext ▲331.2(86/96)
7位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲351.9(85/96)
8位 EX風林火山 ▲358.0(85/96)
9位 セガサミーフェニックス ▲433.4(84/96)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀 格闘倶楽部vs雷電

3月8日(金) 19:00 〜 3月9日(土) 00:00

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KONAMI麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:古橋崇志
解説:河野直也
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀 格闘倶楽部vs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/