気迫VS気迫の名勝負 多井隆晴と朝倉康心 人生を賭しためくりあいの行方【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Thu】

気迫VS気迫の名勝負

多井隆晴と朝倉康心

人生を賭した

めくりあいの行方

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2019年1月31日

 

ファイナル進出へ向けて、熾烈なボーダーライン争いが続く。

1戦目

現在5位の渋谷ABEMAS、先発はエース多井隆晴だ。

多井は年明けにインフルエンザにかかり、1週間の戦線離脱を余儀なくされてしまった。責任感の強い多井は、自分が試合に出られなかったことを歯がゆく思っていたに違いない。

その鬱憤を晴らすかのように、復帰後は確実にポイントを積み重ねている多井。シーズン終盤の勝負所とあって、起用回数自体も増えてきた。

今日も気合十分の入場。その険しい表情からも、「なんとしてもチームをファイナルへ導くんだ」という強い意志が伝わってくる。

東1局

開局親番の多井、

いきなりドラ3のチャンス手が入る。2巡目でイーシャンテンだ。

そして、

黒沢の切ったこのを、

多井がチー。

とした。

この仕掛けのメリットは、をポンしたときテンパイになることだ。

もし、をスルーした状態でが出た場合には、

  ポン

のイーシャンテンになるのだが、この形だとあと1メンツ作る際、それなりに苦労する。

ならば画像のようにチーをして先にメンツを作っておけば、をポンしたときに単騎とはいえテンパイが取れる。単騎待ちは待ちを変えられて柔軟だ。

もちろん先にが重なった場合は待ちテンパイになるし…

このように先にを引いた場合や、上家からが鳴けた場合には、を落としてタンヤオに向かえる。

様々なルートを想定しながら確実にアガリに向かって前進する、

まさにオールラウンドプレイヤーの多井らしい仕掛けだ。

勝負手にもポーカーフェイスを保つ多井。

すぐにのノベタンに切り替わってタンヤオドラ3のテンパイ。

これをツモ!まずは淀みなく4000オールで先制する。

【東3局】

この局は、

村上が第一打に切ったを、

朝倉がポン。ドラ色であるソウズのホンイツへと向かう。

その朝倉の上家多井、

4巡目にこの手格好。河からもソウズは切りづらい。どうする…

多井が選んだのは、

。ここはかぶせにいった。この判断には点棒状況が大きくかかわっている。

上の画像では分からないのだが、現在多井は30900点の2着目。トップ目は対面の親、村上で37300点だ。ここで朝倉の仕掛けに絞ってしまうと、多井と朝倉の手が遅れ、その分村上と黒沢がアガる可能性が上がることになる。村上にアガられてしまっては自身のトップが遠のいてしまうのでそれは避けたいところだ。

また、最悪朝倉に鳴かれてしまっても、放銃さえしなければ、村上との点差は開かないだろう。むしろ親被りをすれば点差は縮まることになる。

チームポイント状況としても、喉から手が出るほどトップが欲しいところ。愚形中の愚形であるペンカンを積極的に払いアガリに向かっていった。

この積極策に牌が応える。

絶好のを引き入れ、打。鳴かれる可能性の高いは、自分がアガるためにギリギリまで絞る意図か。

次巡、すぐにテンパイ!ソウズ3枚を押し切って、メンピン高目三色の手に仕上げた。

そして、

勝負手の村上から、一発でが放たれる。

裏も乗って、メンピン一発三色裏。12000点のアガリで多井は再びトップ目となった。

【東4局】

この局も、まずまずの配牌を手にした多井、

から切り飛ばしていく。

しかし、思うように手が伸びない。

5巡目にこの形に。多井の選択は…

だった。カンはドラ表示牌待ちでいかにも苦しい。巡目が進んでもメンツが出来なかったこの手。メンツ手は見切ってチートイツ狙いに絞った一打だ。チートイツにすれば、手の内に安全牌を持ちながら進められる。ディフェンスの得意な多井らしい選択だ。

次巡、

を引いてイーシャンテンに。

8巡目には、

アッサリとテンパイだ。どうする…

ここはドラのを切って、単騎でリーチ敢行。待ちと待ちではアガリ率が天と地の差だ。守備的な意図でチートイツを組んだが、この巡目に単騎でテンパイをしたのならリーチで打点を上げて勝負に行った。

そして、なにより河が強い。役牌から切り出し、とドラそばを2枚並べてリーチだ。良形待ちのメンツ手と読むのが普通だろう。

だから、

ドラ3のイーシャンテンだった村上が、をスッと切ったのも無理はない。

多井がさらに3200点を加点。

南場も失点を最小限にとどめ、多井はトップ目でオーラスを迎えることになる。

そして、もう一人、気合十分でこの卓に着いている選手がいた。

現在4位のU-NEXT PIrates 朝倉である。

前回の連闘時は、1戦目にトップをとった後、2戦目で本日同卓の黒沢に18000を放銃し痛恨のラスに。本人も語っていたが、まさに「天国から地獄へ」という一日だった。

今度こそチームのためにプラスを。強い想いを抱いて朝倉は勝負に臨んだ。

南1局

現在ラス目の朝倉、3巡目の選択。

朝倉が選んだのは、

だった。中やドラはまだ残す。ピンズのホンイツ、またはドラを使った手にしようという打点を見た選択だ。

から切ったのは…

そう、にはこの赤引きがあるからだ。

赤を引いたことで、ホンイツは見切って切り。

次に引いたのは、

ドラのだ。チートイツも見えるが…

ここは打。仕掛けも効くタンヤオ優先だ。

しかし、ここからなかなかテンパイしない。を引いたのちに、

この形となって、朝倉は長考に入る。

選択肢としては、

タンヤオ仕掛け本線の打

ドラを切ることにはなるがピンズの選択を保留して門前リーチを狙う打

ピンズを保留しつつマンズの変化を待つドラ固定の打

このあたりか。

考えた末に出された結論は、

なんと打!!これは場況に「が悪く、が良い」という情報が出ていたからだ。

朝倉が見ていたのは、

この丸囲みの部分だ。

まず、上家の多井は一段目にと切っていて、 を中心としたピンズのブロックが予想される。は持っている可能性が高く、は持っている可能性が低い。

次に対面の黒沢は、10巡目にを手出ししてきた。ピンズの下ブロックを持っていそうなのでを持っている可能性が高い。

そして、下家の村上は。6巡目にを切っている。を持っている可能性が少し低いと考えられる。

よって、

は通常より山に薄く、は通常より山に濃い」

との読みが働くのだ。

もちろん、確実と言えるものではないが、朝倉は常にこのように「牌の濃淡」をつけて打牌選択に活かしている。この打はまさに朝倉オリジナルの一打。

実際、この瞬間は2山、はなんと山0。恐ろしい読みの精度だ。

次巡、

を引いてリーチ。アガれこそしなかったものの、超精度の読みが光った1局だった。

南2局

朝倉ラス目のまま迎えた親番。

しかし、

なんと村上が1巡目にテンパイしている。ダブリーこそしなかったものの、すでに役アリテンパイだ。朝倉絶体絶命のピンチ。

その朝倉は、

ホンイツへ向かう。間に合うか…

この局のポイントは6巡目だ。

朝倉はここで、

ではなくを切る。

次巡もをツモ切り。

この巡目に黒沢が切ったを、

朝倉はポン。

ここでようやくを放した。

これは、「できる限りマンズのホンイツに見せない」という朝倉のアガリへの工夫なのだ。

安全度の高いより、を引っ張っているということは関連牌である可能性が高い。と読むのが普通だ。ましてや、ポン出しならなおさらのこと。

逆に、を切ったあとに手からが出てきたら「周りは通りそうだ」を読まれてしまう。この河でピンズが大通しになってしまうのは出来るなら避けたい。

もちろん、このあとピンズをたくさん引いてきて正体がバレてしまうかもしれない。しかし、

このように、スッとを引いてきた場合には、「もしかしてホンイツじゃないかもしれない」と相手が考えてくれて、字牌でアガれる可能性がわずかでも上がるだろう。

とはいえ、残したの方が危険度は高い。リスクが上がるのは朝倉も承知の上での戦略だ。

南場ラス目の親番でのホンイツの手順に、自身の最善を尽くした朝倉。クールな表情の裏側には、アガリへの熱い意志が秘められていた。

赤を2枚持っていた黒沢がここでを切った。やはりこうやって対面朝倉の河をみると、手出しで朝倉のホンイツ狙いが若干ボケているように見える。

村上の1巡目テンパイをかいくぐり、朝倉会心の18000点のアガリ。これで2着に浮上。

手牌を開けられた瞬間、黒沢は唇を噛んだ。

南3局

3巡目に、イーシャンテンの朝倉。この局もチャンスだ。

朝倉はここで、

を残してを切る。

次の巡目も、

をツモ切り。はまだ手の内に残している。

一連の残しの狙いは、

これだ。先ほどの局の残しと同じ。ギリギリまでを引っ張ることによりマンズを簡単に切らせないようにして、ピンズ待ちである自身のリーチ成功率を上げる意図だ。

このようにで高目一気通貫になった場合は、端牌であるでアガるのがベスト。相手に待ちを絞らせないことで、端牌が打ち出される可能性を上げる価値が非常に高い。

結果は、画像からは見えないがを一発ツモ。結果は変わらないながらも、この局も朝倉の工夫が垣間見えた。トップを射程圏に入れ、朝倉はオーラスを迎える。

なんとしてもチームのためにトップを取りたい、

多井と朝倉。

オーラスはこの両者の火花散る勝負となった。

 

焦点の1局 南4局

多井は、

この手格好から、

村上の切ったこのをポン。

ここは打とした。アガれば文句なしでトップだ。

するとこのを、

朝倉がでチー。

として、ホンイツへ向かった。少し遠いが、上家にいる多井にプレッシャーをかけながら進める。

多井は、

を引いて一手進む。

朝倉も、

ドラのを重ねて一歩前進。

次巡、

朝倉はを引いてくる。これは2巡目には切っているが…

河を数秒見つめて朝倉が選んだのは、

だった。を手に残した。

ドラがトイツになった今、ホンイツにしなくとも、チャンタドラドラや、チャンタドラ3で逆転の条件を満たせる。朝倉が2巡目に切っているの周りは盲点になりやすく、また上家の多井もピンズが安い。を引いてのピンズメンツを使ったチャンタを睨んだ一打だ。

多井も、

をチーして、

マンズでテンパイしてしまえば朝倉から出る可能性も高いだろう。がむしゃらにトップを目指す。

かたや、朝倉は、

を引いて一歩前進。

先にテンパイしたのは、

をチーした多井だ。待ちは単騎。

朝倉は、

を引いて打を残したのが活きた形だ。

そして、

が鳴けた。

これでペンテンパイ。二人のアガリ勝負と思われたそのとき、

「リーチ」

満を持して、黒沢から親リーチがかかる。

雷電としても、ここが踏ん張りどころ。黒沢がこんなにも必死な表情をしているのは初めてだと思う。

さあ、めくりあいだ。

まずは、多井。

も危険牌だが…

バシッ!と切り。黒沢の第一打がなので、愚形には当たりにくいを切ったのだろう。

次は朝倉、

はドラそばでキツいところだ…

しかしこの表情。朝倉は完全に心を決めていた。

勝負。あとはもうこの手と共にどこまでも行くだけだ。

黒沢がツモれず、次は多井、

どちらも通っていないが…

も残り枚数は2枚。が2枚見えている分まだの方が通しやすいか。

1牌1牌、心臓が締め付けられる思いだろう。

次は朝倉、

これは選択だが…

は1枚切れ。ドラは手に内蔵されている可能性が高いのも含め、単純枚数の多い方に受けた。

朝倉も一打一打、神経が磨り減るに違いない。

どちらがアガる…

次に黒沢が切った牌で、決着がついた。

河に打たれたのはだ。

悔しそうな表情で朝倉の手を見つめる多井。

一方、少し表情の緩んだ朝倉。

手役の可能性を見逃さず、一度は切ったを手に置いて方向転換を決めた朝倉が大きな大きな1勝を手にした。

インタビューで、

「残りの数少ない試合で人生が変わると思って試合に臨んでいる」

と語った朝倉。のしかかる重圧を、見事な打牌選択に昇華してトップをものにした。本人も語っていた通り、今までのMリーグの試合の中でもベストの内容だろう。

一方、2着で終えた多井も素晴らしい内容だった。続く2戦目も2着とし、堅実にチームポイントを増やした。多井の安定感のある麻雀はこれからの最終局面でますます頼りになるに違いない。

今日の2戦を終えたチームランキングがこちら。

いよいよ全チーム残り10戦を切った。

朝倉が口にした思いは、全選手が抱いているように思う。

まさに「人生を賭けたリーグ戦」Mリーグ。

我々視聴者も感情の起伏が激しい日々が続く。気づけばもう2月。7チームでのリーグ戦のクライマックス、12日にはいったいどんなドラマが待っているのか。

その日が来て欲しいような、来て欲しくないような。そんな複雑な気分なのは私だけだろうか。

 

ゆうせー
京都大学法学部卒の現役塾講師でありながら雀荘の店員もこなし、麻雀強者が最も集まる人気オンライン対戦麻雀「天鳳」でも全国ランキング1位(鳳南2000戦安定段位ランキング2018年5月現在)、麻雀界では知る人ぞ知る異才。「実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講義」の著書であり、Mリーガー朝倉康心プロの実兄。

(C)AbemaTV