内川幸太郎、耐えた末の逆転勝利!! 伊達朱里紗からの直撃で今季5勝目獲得!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

内川幸太郎、

耐えた末の逆転勝利!!

伊達朱里紗からの直撃で

今季5勝目獲得!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の73日目、第1戦は内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。東場でリードした伊達を、内川が南場の親番でリーチを直撃して逆転。個人5勝目を持ち帰った。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗渋谷ABEMAS日向藍子TEAM RAIDEN / 雷電・萩原聖人、そして内川の4名。

東家・内川が東1局にピンフ・ドラ1をリーチ・一発・ツモ。2000・4000でまずはリードを築く。

しかし直後の東2局、西家の伊達がピンフ・ドラ1をリーチ・ツモ。ウラ1の2000・4000で内川に並ぶ。

さらに次局、伊達がリーチ。内川が追いかけるも伊達のツモアガリ。ピンフ・ドラ1・赤2・ウラ1の3000・6000。伊達が内川を引きはなず。

南3局、親の内川はドラ1のカン【5ピン】待ちをリーチ、一発で伊達から直撃に逆転に成功。9600点の直取りで内川がトップ目に。

内川が800点リードで迎えたオーラスは、日向が萩原から3着キープのアガリを直撃して試合終了。内川が5勝目を手にした。

内川はインタビューで、

「いや〜 すれすれですね。すれすれのトップ(笑)。実は先日大阪でオフ会がありまして、みなさんにほんとに勇気を頂きました。たくさんの色紙も頂きましたし、帰り際には全員に背中を叩いていただいて気合入れてもらったおかげで今日はトップが取れたと思います」

と語った。

【Result】
1着 内川幸太郎サクラナイツ 3万3900点/+53.9
2着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 3万3100点/+13.1
3着 日向藍子・ABEMAS 2万4800点/▲15.2
4着 萩原聖人・雷電 8200点/▲51.8

【Total】
1位 EX風林火山 +538.9(72/94)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +367.5(73/94)
3位 U-NEXT Pirates +192.0(72/94)
4位 渋谷ABEMAS +84.9(73/94)
5位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲91.3(73/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲225.7(73/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲330.9(72/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲535.4(72/94)

大和証券 Mリーグ サクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:河野直也
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ サクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \ほぼ毎日4コマ 最新④巻 好評発売中!/