「地の利は人の和に如かず」赤坂ドリブンズのファイナル進出大作戦!【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Thu】

「地の利は人の和に如かず」

赤坂ドリブンズの

ファイナル進出大作戦!

文・真中彰司【木曜担当ライター】2019年1月31日

 

1月31日、愛妻家の日。

今日もMリーグではファイナルへの生き残りを懸けて、激しいサバイバルレースが繰り広げられていた。

残り試合数は確実に減っているのだが、各チームのポイントはなかなか増えず、緊迫した状況が続いている。

1位の風林火山は、1/29の滝沢のトップでファイナルへの切符をほぼ手にした。

ところが思わぬ大ブレーキを喰らったのが、2位のドリブンズ。

先週の6半荘でアガリはたったの6回。なんと128ptを失ってしまった。

「これ以上4着を取ると、ボーダー争いに巻き込まれてしまう…誰か助けてくれー!」

必死の思いで叫ぶドリブンズサポーターの前に

“どう?いつもより眉毛がキリッとしてるでしょ?”

と言いながら颯爽と現れたのは…

(赤坂ドリブンズの公式Twitter(@AkasakaDrivens)より)

正義のヒーロー、ずんパンマン!…もとい、リーチ超人・村上淳である。

眉毛を整えて心機一転。ドリブンズの危機を救うべく、今日も元気に出陣。

【第1試合】

相手は4~6位の3チームから朝倉・多井・黒沢。

是が非でも混戦から抜け出したい3人を、ヒーロー村上が迎え撃つ形となった。

【東1局1本場】

多井の4000オールを喰らった直後、カン待ちとシャンポン待ちの選択が訪れる。

宣言牌をにして、他家のオリでが3〜4枚見えればが出やすくなる。

というわけで村上はシャンポン待ちで元気よく

「りっち!!」

…と思いきや、この日は静かに

「…リーチ」

と牌を横に曲げた。

なにやらいつもの村上と様子が違う。緊張しているのだろうか?

一抹の不安が脳裏をよぎったが、そんな不安を吹き飛ばすような一発ツモ。

8300点を加点して多井を追いかける。

【東2局】

ドラ受けがあり、や萬子の一気通貫を絡めればそこそこの打点になりそうな手。

ここで多井の手からが打たれるが…

村上は鎌倉の大仏のように、ピクリともしない。

ポンしても、ドラのカンが残っていては戦いにくい。

村上商店では非常時を除き、役牌の1鳴きは取り扱っていないのだ。

この記事のタイトルとURLをコピーする