麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント「恐れ知らずの打撃戦」観戦記【決勝卓】鳴いたら大和じゃない!下石戟の執念を跳ね返した「愚直スルー」

 

親ながらあまり良くない手牌。

カンチャン残りでドラのが1枚浮いているが、ここはドラ切り!!

この辺りでドラを切っておかないとテンパイを取るのも難しいということだろう。

この対局はトップのみ価値がある対局。簡単に親を落とすわけにはいかない。

をチーして、大和の先制リーチをかわしてのアガリ。

点数こそ1500だが、ドラをのを抱えているとアガれていなかっただろう。

点数以上に大きなアガリだ。

キャリア、実績は充分。

昨年に引き続きプレミアトーナメント決勝進出なるか?

予選B卓2位通過 HIRO柴田!!

 

 

4者4様の闘牌を見せてくれたが、意外にもここから大和と下石のデッドヒートになっていく。

  

まずは大和が山田とのリーチ合戦を制して6400をアガると・・・

 

下石がHIRO柴田とのリーチ合戦を制し、ドラ単騎の3000/6000のツモアガリで突き放す。

東3局

HIRO柴田が三色確定でリーチを掛けるが・・・

 

山田から大和に5800

山田、HIRO柴田の二人は苦しい。

南1局3本場 供託2本

大和、1枚目のをスルー。

役牌だからとあわてて鳴いてしまいそうだが、雀頭もなく、リーチが打てそうな形なのでスルーが良いだろう。

ドラドラでチャンス手の下石

ここで選択だ。

枚数で考えればを自分で1枚使っているので

を切るのが良さそうだが、

自分の目からが2枚が3枚見えており、

他家がを使いづらそうに見える。

イーペーコーがつくこともあってここは

トイツ落としとした。

3枚切れているを引いて狙い通りのテンパイ。

は山に3枚残りだ。

このままアガるかに思われたが・・・

 

大和が待ちリーチ。

打点を見るなら役牌の南とのシャンポンリーチの選択もあったかもしれないが、3本場に供託が2本という状況ではやはりリャンメンリーチの方が良いだろう。

ここに後のない山田が追いつく。

ツモり三暗刻のリーチ。

この記事のタイトルとURLをコピーする