麻雀最強戦2019サイバーエージェント杯「女流プロ代表決定戦」観戦記【決勝卓】野獣、怪物、美魔女をまとめ狩り!逢川恵夢の強さは本物か⁉︎




麻雀最強戦2019

サイバーエージェント杯

女流プロ代表決定戦

野獣、怪物、美魔女を

まとめ狩り!

逢川恵夢の強さは本物か⁉︎

【決勝卓】担当記者:危険な鬼太郎 2019年7月21日(日)

 

今回決勝に残った4人の内、逢川以外の3人はもう麻雀番組で見ない日はないというぐらいのベテランだ。

東家・和久津晶

南家・仲田加南

西家・渡辺洋香

北家・逢川恵夢

だが、逢川も決して負けてはいないはずだ。女流雀王という麻雀協会の女流の誰もが欲しがるタイトルをこの若さで持っているんだから。

この決勝戦は圧倒的な戦いとなった。

東1局

親番の和久津が積極的に動く。まずはカンのチーだ

手牌だけ見て観れば清一色イッツーの18000まで見れる手牌。しかもこういう露骨な仕掛けをしていれば、相手も容易にリーチは打てない。

自分の失点も少ないという、良い事だらけな仕掛けだ。

仲田も終盤にかろうじては打つものの、

やはり和久津の清一色を警戒してリーチは打てず、

逢川も、

ソウズを打ち切れずに、単騎のイッツーの聴牌になった。

結局は、二人ともソウズを絞りつつ満足のいくリーチは打てず、二人聴牌で流局。和久津としては作戦通りだ。

東2局1本場

逢川の覚悟のあるリーチが見れた。

ピンフ聴牌のを切らずに、を切っての三色リーチ!をツモっての700-1300は1着勝ち上がりでは意味が無いアガリだと言ってもいい。

この手は5200点以上で絶対にアガって、勝ち切る!これが逢川の麻雀感か。

これを一発でツモって、

リーチ一発ツモ三色の2000-4000!

逢川の気持ちにも牌が応えてくれるか。

これを1300-2600にしない打ち手は強いと思う。

東3局

逢川に選択

自風のを暗刻にして6枚見えている待ちを払う選択をする。国士風味の人がいる中でを切る選択肢もある中で、強くリャンメンを払う選択を見せる。

これはも見えている枚数は2枚だが、聴牌を入れるためにはチーよりもポンできる形の方が強い。

どっちでも同じように見えて、手広いのは実は切りなのだ。

さっきのカンはリーチしたのにも関わらず、ここではダマテンを選択。ドラはあまり期待できないが、を切っている人が多いので十分に出アガリが期待できる牌だ。このヤミテンは強い選択だ。

これもすぐにをツモって、ツモ三暗刻ドラドラの跳満!3000-6000。強すぎて、ベテラン女流雀士たちにも中々、逢川を捕まえきれない。隙が無い。

東4局