忍の一字 瀬戸熊直樹【Mリーグ2023-24観戦記 12/7】担当記者 #後藤哲冶

忍の一字
瀬戸熊直樹

文・後藤哲冶【木曜担当ライター】2023年12月7日

TEAM雷電の近況は芳しくない。

11月の初めまでは100ptを超えるポイントを持ち、3位に位置していたのが直近11試合でトップが無く、ポイントを大きく減らし順位はレギュラーシーズン敗退圏内である7位まで後退を強いられていた。
そんな苦しいチーム事情の中で、今日の第2試合に出場するは、瀬戸熊直樹

瀬戸熊は今週末、2連覇中の最強位として、麻雀最強戦のセミファイナルも控えている。

チームにとっても、個人にとっても、良い流れを持ち帰る対局にできるか。

12月7日 第2試合

東家 多井隆晴  (渋谷ABEMAS
南家 瀬戸熊直樹 (TEAM 雷電
西家 佐々木寿人 (KONAMI麻雀格闘倶楽部
北家 二階堂亜樹 (EX風林火山

この半荘、先制に成功したのは瀬戸熊だった。

東1局、先制リーチを打った瀬戸熊が、寿人の追いかけリーチ宣言牌【8ピン】を捉えて8000のアガリ。
これで景気よく先制すると。

迎えた親番、絶好の【南】暗刻を引き入れ【2マン】【5マン】のリーチ。これを一発でツモアガって4000オール。
大きな加点で、これで大きめなトップ目に立つことに成功。

しかし瀬戸熊は知っていた。Mリーグにおいて、この程度のリードではトップを確定させるには至らない、と。

続く1本場、またしてもドラの【8マン】の暗刻の勝負手が入る。
瀬戸熊はこの形から

【9ソウ】を打った。
こうしておくと鳴けるタンヤオへの渡りがあるのが大きい。
瀬戸熊はこの時、カン【5マン】チー、【2ソウ】【8ピン】はポンする予定だったと言う。勝負手に関しては迷いなく副露を使っていくのも瀬戸熊の長所だ。
【9ソウ】を切っておけば【6ソウ】引きで【5ソウ】【8ソウ】ターツへの変化も見込める。

しかし先制リーチは寿人から。2枚切れのカン【2マン】待ちだが、もちろん寿人はお構いなし。
ドラ赤あっての勝負手リーチだ。

寿人のアガリ牌【2マン】を引き入れて手が進む瀬戸熊。
しかし、真っすぐ打ち抜く【4ソウ】【6ピン】はいずれも寿人には通っていない。

それでも、瀬戸熊は【6ピン】を打ちぬいた。
【3ピン】が通っていて【3ピン】【6ピン】で当たることはなく、【8ピン】を自身で2枚使っているので比較的当たりにくい。
とはいえ、十分に当たり得る牌だ。瀬戸熊は、このドラ3の手を、トップを決定付けるアガリにすると決めたのだ。

絶好のカン【8ソウ】を引き入れた!
息を深く吐いた後、リーチ宣言。待ちは【2ソウ】【8ピン】のシャンポンに取った。

これを決めれば、トップを決める二の矢になる。
瀬戸熊の表情からは、そんな意気込みが感じられた。
ツモる手に力が籠る。

が、この勝負は寿人に軍配。
【2マン】は残り1枚だったが、寿人にとってはいつもとなんら変わりないか。
2000、4000のツモアガリで戦線に復帰。

(そう、上手くはいかないか)
瀬戸熊が、静かに袖を捲った。

ここからが、長い、長い、トップへと続く道のスタートだ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/