燻(くすぶ)る新星、仲林圭の真摯な麻雀が パイレーツの航路を照らすときは来るか【須田良規のMリーグ2022-23セレクト・10月13日】

10月13日(木)第2試合、今期よりU-NEXT Piratesの一員となった仲林圭は、自身3回目の登板となった。

しかしこのゲームは4着。
仲林はこれで2、4、4着と厳しい結果となっている。

仲林はその奔放なキャラクターが先行して、麻雀についての評価は未知数だと思う方も多いかもしれない。
ここまでの成績を見て、新規加入選手に対する関心が薄くなった方もいるかもしれない。

4着となったこの試合であるが、ではそれがどのような内容であったのか。
仲林の立ち回りを振り返ってみよう。

TEAM雷電瀬戸熊直樹が開局から走ってダントツで、仲林はかなり離された2着目。

東3局3本場、EX風林火山勝又健志がこうなってドラの【2ピン】切り。

勝又はこれで【1ピン】【2ピン】と手出しした格好になる。
ドラ含みのペン【3ピン】ターツがあったのが、【4ピン】【赤5ピン】と引いて内にスライドしたケースであった。

これを見た仲林は、

この手からアンコの【5マン】を切る。

なかなか良い手牌ではあるが、8巡目でリャンシャンテン。
ドラターツを落とした3着目の親を含め、周囲に対する安全牌で白を残してスリムに構える。

そして10巡目にKADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎がリーチ。

仲林が先切りした、【5マン】【8マン】待ちである。

仲林は放銃を回避できていたものの──

一発目にドラ【2ピン】を掴んで、ひとまず【白】切り。

そしてすぐ下家の勝又がテンパイして追っかけリーチとなった。

この2軒にはもちろん押せず、仲林はオリに回る。
だが、14巡目に安全牌に窮した。

全体図を見てみよう。

【9ピン】は勝又に現物だが、内川にはワンチャンス。
しかし実際内川に【7ピン】【8ピン】【9ピン】メンツはあるし、確実に通せる牌ではない。

【5マン】を上家の瀬戸熊が切っていて、先ほど仲林がアンコから切った【5マン】は4枚見えている。

仲林は少考の末──、

ノーチャンスの【3マン】を選択。

しかしこれが勝又への当たり牌。

もちろん仲林がマンズ愚形の可能性を危惧しなかったわけではない。

ただ勝又がドラターツの【1ピン】【2ピン】を手出しして、ペン【3マン】の方が残っているとはまず考えにくかったわけである。

この放銃は避け難いと思われるが、仲林が反省点をもらしていたのは、
実は内川のリーチ一発目の瞬間にあった。

ここで仲林は【白】を消費したわけだが、ドラターツを手放した勝又のリーチが後に飛んでくることを想定すれば、
いっそここで、内川に通せる【4マン】を切っておくべきであったと。

【5マン】がノーチャンスで、内川の河に【1マン】がある。

もちろん戦いたい手ではあるが、おそらく敵は内川だけではない。
現状のリャンシャンテン形で、後に勝又も来た場合、押し返してアガり切る未来はほとんどないだろう。
それを見越せば【白】は温存し、今切れる【4マン】を切ればよかったのだという。

しかし放銃は放銃である。仲林はただオリ打ちをしたのだと──、そう思うだろうか?

 

それから仲林は得点のチャンスに恵まれず、南2局の親番になる。

着順浮上のためには落とせない親、しかしここでラス目の内川が1巡目からこの手牌。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!