アガれない局はどう動く!?軍師・勝又の妙技“カニ鳴かせ”【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Thu】

アガれない局はどう動く!?

軍師・勝又の妙技

“カニ鳴かせ”

文・真中彰司【木曜担当ライター】2018年12月13日

12月13日、木曜日。世間的には「ビタミンの日」または「美容師の日」だろうか。

せわしない年の瀬が近づく中、今夜のMリーグは、現在の上位陣による直接対決。

EX風林火山からは、軍師・勝又健志が登板。

勝又の最大の持ち味は、緻密な読みと大胆な押し引きであろう。

普通は捉えられないような手をアガリ切り、幾度となく視聴者を沸かせてきた。

たとえば、東2局の2本場。黒沢が高め二盃口の待ちでリーチ。

セレブ黒沢がドラのを先に切ってリーチ。これが安いはずがない…場に緊張感が漂う。

さて、勝又はどう受ける?この時点で手牌はイーシャンテン。リーチの現物はのみ。

まずはを落として安全に回っていくが…

ここで無筋のをプッシュ。黒沢のが手出しで、その後にドラのをツモ切っているため、ドラ周りのターツは持っていないと読んだのだろう。

単純にからを外した形も考えられるが、“セレブ打法”の黒沢ならドラのはもう少し引っ張っているはずだ。

そしてテンパイ。待ちのは黒沢の現物で、ヤミテンなら出アガリは見込める。

リスクを取る価値があると踏み、をスッと勝負した。

結果は黒沢からをロンして、2600は3200のアガリ。魚谷の親も流せて一石二鳥だ。

これには厳しいコメント欄も「さすまた」の嵐。

このように、アガリがあると踏んだら、手出し・ツモ切り・人読みなど様々な情報を駆使し、ギリギリまで押していくのが勝又の雀風だ。

しかし麻雀は4人でやる競技。どうしてもアガれない局も多々ある。

実際に勝又の和了率は20.31%(個人10位)なので、残りの約80%はアガれていない。

では、アガれない局はどう打つべきだろうか?

守備を固めて失点を防ぐのも大事だが、他に出来ることはないだろうか?

誰もが抱くこの問いに対し、勝又先生はある1つの解答を示してくれた。

その場面を見てみよう。

松本「勝又先生、ご教授願います!」

場面は南1局。競っている2着目のたろうがをポン、更に自風のをポン。

どこからどう見ても筒子に染めている河だ。

そこにラス目の親、黒沢からリーチが飛んできた。

親リーチを受けた直後、ここから何を切るか?

現物はで、2枚切れのも比較的安全そうだ。

勝又の選択は、通ったばかりのの合わせ打ちだった。

この間、ツモってから打牌まで0.5秒。既に計算は完了している。

このをたろうがチーして、満貫のテンパイを入れた。

傍から見れば、たろうの手をただ進めてしまっただけの打牌。

しかし、この点棒状況では、勝又にとって得になりうる打牌なのだ。

ではこの打について、勝又先生の気持ちになって考えてみよう。

まず一番避けたいのは、ラス目の親である黒沢のツモアガリ。

もちろん、勝又が自力でアガるのが最善だが、今回の手牌では難しい。

そこで、高そうな仕掛けをしているたろうの手を進めることで、黒沢と1対1のめくり合いをするように仕向けたのだ。

この仕掛けにより、2つの可能性が生まれた。

①黒沢がたろうに放銃した場合

勝又から見ればラス目が遠のくため、自身の着順上昇に集中しやすくなる。

たろうとの点差は一時的に離れるが、自分の親番で取り返せば良い。

②たろうが黒沢に放銃した場合

この場合は混戦になるが、失点無しで自身が2着目に浮上する。

親番を流す努力は次局以降にすれば良い。

これはいわゆる“勝又サービスセンター”の応用である。

横移動によるラス率の低下、および着順上昇を狙った「鳴かせ」なのだ。

横移動する甲殻類にちなんで「カニ鳴かせ」と呼ぶことにしよう。

(画像はイメージです。あくまでもイメージです。)

 

結果は、たろうが黒沢の当たり牌を掴んで放銃。

7700点を献上し、勝又が一時的に2着に浮上した。

「勝又めあのはプレゼントではなく時限爆弾だったのか

たろうの表情もどこか悔しげだ。

(自身の満貫がアガれなかったことの方が大きいかもしれないが)

次局は魚谷の1人テンパイで親が流れ、結果的に1000点の失点で黒沢の親番を切り抜けた。

 

半荘自体は、この渾身の待ちリーチを魚谷にかわされ、2着にとどまった。

しかし、風林火山は現在トータルトップ。

マイナスせずに1半荘を消化できただけでも、未来への大きな一歩と言えるだろう。

 

「自分のアガリが見込めない時でも、自分の得になるような打牌はないか?」

 

「または、他家のミスを誘導できるような打牌はないか?」

 

勝又のそういった思考が、上述のカニ鳴かせに繋がり、連対に結びついたのだ。

さて、勝又のこの思考はどこから生まれたのだろうか?

視聴者にとって、勝又の思考を聞く機会は少ないのだが、非常に素晴らしい番組がある。

それがこの生配信番組「ゆーみんと喋りまShow!」だ。勝又はこの番組内で

「自分のアガリ率が2割ならば、残りの8割は他家の足を引っ張るように立ち回りたい」

という趣旨のコメントを残している。

この番組では、勝又の思考をかなり深いところまで聞くことができる。

Freshで無料公開されているため、ファンの方は必見。

序盤こそ下位に沈んだものの、中盤以降、圧倒的な安定感を誇る風林火山。

数々の華々しいアガリの陰には、緻密に練られた戦略が隠されていた。

もちろん、勝又の戦略はこれで終わりではない。また新たな戦略を練っていることだろう。

Mリーグの長い戦いと同じように、軍師・勝又の飽くなき探求心もまだまだ続いていく。

 

真中彰司

関東の理系大学院に在学中の学生。個別指導塾の数学講師という顔も持つ。主に統計学を研究する傍ら、都内各地にて麻雀修行中。

(C)AbemaTV

 

 

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

12月15日発売!!!!

Amazonでの予約はこちら→「麻雀強者の0秒思考」