勝又健志、3つのマンガンで圧勝! 風林火山に死角ナシ!!




勝又健志、
3つのマンガンで圧勝!
風林火山に死角ナシ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の開幕2日目第2戦は勝又健志(EX風林火山)が、トップを獲得。5万点オーバーの大きなトップで、昨年準優勝チームの格の違いを見せつけた。

2回戦の対局者は、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(日本プロ麻雀連盟)、KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(日本プロ麻雀連盟)、そして勝又。

東3局、親番の勝又が先制リーチ。岡田が前に出て仕掛けるも、勝又のツモアガリ。タンヤオピンフイーペーコーの4000オールで勝又が馬群を抜ける。

東4局・南1局は岡田が、園田と勝又から出アガッて2番手につける。

そして南2局、岡田の親リーチに前原が果敢に追いかける。枚数では前原有利だったが、結果は岡田のツモアガリ。ウラ1の2000オールで3連続アガリを決める。

同1本場、勝又が食い仕掛けて含みのソーズのチンイツに向かうと、前原がリーチ。
しかしなんとこれがフリテンリーチ。
の形でドラがなのだが河にはが捨てられている。

さらに園田からもリーチが入り、前原ピンチかと思われたが… しかし前原堂々とをツモ和了り。マンガンを加点し、2番手に浮上。

だが南3局、追われる勝又が一気通貫・ドラ1・赤1のマンガンをツモって前原を突き放す。

オーラスも、勝又が・ドラ3のマンガンを勝又がツモアガリ、5万点オーバーでフィニッシュとなった。

勝利者インタビューで勝又は「今年は去年の安定感にプラスして、力強い麻雀が打てればと思います」と語った。

▲前原を突き放す勝又のマンガンツモ

【Result】
1着 EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟) 5万3900点/+73.9
2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(日本プロ麻雀連盟) 2万3500点/+3.5
3着 KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(日本プロ麻雀連盟) 1万9800点/▲20.2
4着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会) 2800点/▲57.2

【Total】
1位 EX風林火山 +93.0(2/90)
2位 セガサミーフェニックス +79.9(2/90)
3位 TEAM雷電 +75.1(2/90)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +70.4(2/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲44.8(2/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲65.4(2/90)
7位 渋谷ABEMAS ▲89.6(2/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲118.6(2/90)

「大和証券 Mリーグ2019」開幕2日目!!
8チームのプライドをかけた戦いの火蓋が切って落とされる。
2日目は、赤坂ドリブンズvs KONAMI 麻雀格闘倶楽部vs EX風林火山vs KADOKAWAサクラナイツ

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
実況:小林未沙
解説:多井隆晴
レポーター:松本圭世

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vs風林火山vsサクラナイツ
【関連記事】
進撃の武田軍! 戦乙女・二階堂亜樹と軍師・勝又健志が魅せる 風林火山の打ち回し!【熱論!Mリーグ】
己の…風林火山の…Mリーグの未来を変える勝又健志の「世界線」【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗

勝又健志 関連書籍
麻雀IQ220の選択

この記事のタイトルとURLをコピーする