進撃の武田軍! 戦乙女・二階堂亜樹と軍師・勝又健志が魅せる 風林火山の打ち回し!【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Thu】

進撃の武田軍!

戦乙女・二階堂亜樹と

軍師・勝又健志が魅せる

風林火山の打ち回し!

文・真中彰司【遊軍ライター】2018年11月1日

「風林火山」 …歴史を勉強した人なら1度は聞いたことのある言葉だろう。これは中国の兵法書である「孫子」の一節であり、武田信玄の軍旗にも記されていたとされる 「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」 という句を現代風に略した言葉である。 そして、このMリーグにもその系譜を継ぐチームが存在する…そう、EX風林火山である。今回はそんなEX風林火山の麻雀に注目していこう。 現在(11月1日開始時点)のトータルポイントは+7.3で全体3位。1位のABEMASと2位のパイレーツとは少々差が開いてしまっているので、なんとか離されずに食らいついていきたいところである。

【第1戦】

第1戦の出場選手は以下の4名。(起家から)

EX風林火山 二階堂亜樹

チーム雷電 萩原聖人

渋谷ABEMAS 白鳥翔

麻雀格闘倶楽部 前原雄大

注目のEX風林火山からは「卓上の舞姫」こと二階堂亜樹が出場。もし亜樹を戦場の役割で例えるなら「戦乙女」であろう。ちなみに「戦乙女」とは「武器を持って戦う女性」のことである。

東1局からその戦乙女・亜樹にチャンス手が入る。 親の亜樹が配牌からあったドラの対子を活かして待ちで親リーチ!

「疾きこと風の如し」このリーチで先制攻撃なるか!?と思われたが…

先に三色の仕掛けを入れていた萩原に上手くかわされてしまう。 これには亜樹も「私より早い人がいたのか…」とやや悲しそうな顔。 しかしこんな顔をしていても可愛い。もはや全国の麻雀ファンがため息をつくレベルだ。 亜樹も気を取り直して次こそは!と意気込むも、その後は萩原の満貫、前原の2連続ガラクタリーチ成功と、ひたすら耐え忍ぶ展開に。 東2局では親の萩原の仕掛けにテンパイ気配を察知したか、潔くの中抜きを選択。 続く1本場でも手を育てて終盤まで粘るが、巡目も深くなってきており、無筋のを両方通すのは厳しいと判断してオリに回った。

まさに動かざること山の如し。 次に亜樹にチャンスが訪れたのは東4局。

まずは親の前原がをポンして・赤1・ドラ1の待ちでテンパイ一番乗り。 対して亜樹はイーシャンテンだったが、このポンで転機が。

なんと大切に取っておいたドラのが重なる!さすが「ドラは恋人」の名言で知られる亜樹。恋人を健気に待っていた甲斐あって、満貫の見えるチャンス手になった。 しかしここで立ちはだかったのがABEMAS・白鳥。 亜樹はツモ切ったで白鳥にタンヤオ・ピンフ・赤赤の8000点の放銃となってしまう。 守備意識が高い亜樹も、自身が満貫の見える手とあっては止めようが無かった。 こうしてラスに落ちてしまった亜樹。南1局の親番で挽回に賭ける。 しかし配牌はバラバラ、辛うじて赤ドラの両面ターツが1つあるだけ。 そんな亜樹にさらなる試練が襲いかかる…

白鳥が先に待ちでタンヤオ・ピンフ・赤・かつ高目で一盃口のテンパイを入れていたのである。 更に前原が白鳥からドラのをポン、をチーして待ちの満貫テンパイ。 2人テンパイに囲まれ、もはや亜樹は絶体絶命かと思われたが… 前原がテンパイを入れた直後に亜樹もテンパイ! ラス目の親番、ここで退くわけがない!