進撃の武田軍! 戦乙女・二階堂亜樹と軍師・勝又健志が魅せる 風林火山の打ち回し!【熱論!Mリーグ】




侵掠(しんりゃく)すること火の如し!

颯爽と待ちでリーチを掛ける。 だが、この時点で白鳥の待ちは残り3枚、前原の待ちは残り3枚。 対して亜樹の待ちは…なんとが1枚のみ。 枚数だけで見ればあまりに厳しすぎる亜樹のアガリ。麻雀の神様は亜樹には微笑んでくれないのか…と思われたその時! なんと最後のを一発ツモ!そして裏ドラも乗せて6000オール! 燃え盛る炎の前では枚数など関係なかったようだ。そして表ドラだけでなく、裏ドラまでも恋人にしてしまった。 解説の鈴木たろうもコメントしていたが、亜樹のアガリは周りを笑顔にさせてくれる。 この跳満で一気に持ち点を回復してトップ目に立つと、続く1本場では白鳥とのリーチ合戦に打ち勝って2900の1本場、3200を加点。火のように勢いに乗じて攻めていく。 そしてダメ押しは南3局。 ここからをチーして打とした。はそれぞれ2枚切れで、中張牌のバラ切りからタンヤオの線も薄い。またを切っていることから567の三色の可能性もほぼ消え、周りから見れば形式テンパイかドラのバックにしか見えない仕掛け。ドラであるが故に他家から出る可能性も低いのだが、親番でラス目の白鳥からはテンパイ時の勝負牌として僅かに出てくる可能性がある、と考えてチーテンを入れた。 ところがこの、実は2枚とも山に残っていた。次巡にすぐツモって満貫のアガリ。 これが決定打となり、火のような攻めを見せた戦乙女・亜樹が自身2勝目を挙げた。 勝利者インタビューでは「ホッとしました」と満面の笑みで語る亜樹。 これだよ!この可愛すぎる笑顔が見たかったんだよ! この笑顔のためにMリーグを見ている、というそこのあなた。あなたも立派な武田軍だ。共に風林火山の戦いを見守って応援していこうではないか。

 

【第2戦】

続く第2戦の出場選手は以下の4名。

(起家から)

EX風林火山 勝又健志

渋谷ABEMAS 松本吉弘

チーム雷電 瀬戸熊直樹

麻雀格闘倶楽部 前原雄大

日本プロ麻雀連盟の鳳凰位3名に若きヒットマン・松本という組み合わせ。 EX風林火山からは「麻雀IQ220」こと勝又健志が登場。その緻密な打ち回しは「軍師」と呼ぶに相応しいだろう。実はまだトップを取っていない勝又。亜樹に続く形で是非とも自身初のトップが欲しいところだ。 場は東1局からぶつかり合いに。 ABEMAS・松本が一盃口確定のカン待ちで先制リーチ。 を引けば跳満まで見える手だったが故に不満もあったが、巡目も深くなってきたため致し方なしか。だがこのは3枚も山に残っており、アガリは十分見込める。 しかし親の勝又にもチャンス手が入っていた。 こちらもタンヤオ・一盃口が確定しているイーシャンテン。 松本のリーチ宣言牌はだが、が4枚見えているためカン待ちはない。 更には自身が対子で1枚場に見えているため、シャンポン待ちや単騎待ちにあたることもほぼ無いため、ここはを選択してイーシャンテンをキープ。 麻雀IQ220ならばこの程度は数秒ではじき出していることだろう。 するとが重なってテンパイ。ここはを勝負して、松本の現物であるカン待ちでヤミテンとした。リーチせずとも満貫で、打点は十分だ。 このカンを松本から討ち取って12000のアガリ。 これには解説の鈴木たろうも「勝又、テンパイ組んでたの!?」と驚きを隠せない。

まさに「徐(しず)かなること林の如し」。 次局はリーチ合戦で松本に8000の放銃となってしまうが、東2局に再び勝又が魅せた。 この親の松本の先制リーチに対し… ここから無筋のをプッシュ。松本の河にが序盤に切られていて、がツモ切りだったことからは通るという読みか。 しかしの裏スジであるは止め、の筋を頼りにで迂回。 実際には松本の入り目であるため、的確な迂回である。 そして回り回ってこんな待ちのテンパイに。がフリテンのためリーチには行かなかったが、もしツモれば親を流せる上に、あと数巡しのげばテンパイ料を貰えるため、テンパイに取る価値は十分にある。 そしてこれを本当にツモって1300-2600のアガリ! 松本の親を流すだけでなく、リーチ棒も込みで6200点の加点。またもや「徐かなること林の如し。恐るべし武田軍。 続く東3局でも勝又の打ち回しが光る。 まずは親の瀬戸熊がをポンしてダブ・赤・ドラの12000をテンパイ。 数巡後に勝又もの役無しテンパイを入れるが、瀬戸熊を警戒したのかリーチはせずヤミテンに構えた。 役無しのヤミテンというのは他家からの出アガリが出来ないため、想像以上に胆力の要るものである。また打点的には安いことが多いため、押し引きが非常に難しい。勝又がどこまで押せるかに注目が集まったが… 最終的には勝又がすぐにツモって300-500のアガリ。 点数的には少ないが、見事に瀬戸熊の親満を阻止した。このアガリこそ、この日の中で最も「徐かなること林の如し」アガリなのではないだろうか。 と、ここまで勝又の「林」の打ち回ししかお伝えしていないが、その勝又が別の一面を見せたのが南2局。 ここからをポン。既に自分の親番が無いため、早く局を回して自分の失点を少しでも減らしに行き、もしドラが重なれば満貫を狙うつもりなのだろう。まさに「疾きこと風の如し」 最終的にはドラを切って待ちのテンパイを入れた。 この局は4人テンパイまでもつれるも、勝又が前原から出アガって2000点。 リーチ棒込みで4000点の加点となった。 このあと勝又は失速してしまい、最終的には瀬戸熊・松本にかわされて21800点の3着に終わるも、その緻密な打ち回しで存分に魅せた半荘となった。