二階堂亜樹、 何が何でもトップを取る!! 自らバースデーに花を添える!!

二階堂亜樹、
何が何でもトップを取る!!
自らバースデーに花を添える!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の30日目第1戦は、二階堂亜樹(EX風林火山)がトップを獲得。本日が誕生日の二階堂は、天の贈り物かダブルリーチやドラツモなど好展開に恵まれ、競りとなった朝倉をラス前で引き離して見事バースデートップをものにした。風林火山はこれでチーム首位に躍り出た。

1回戦の対局者は、U-NEXT Pirates・朝倉康心、渋谷ABEMAS・日向藍子、TEAM雷電・瀬戸熊直樹、そして二階堂

朝倉が先行して迎えた東3局、南家の二階堂にダブルリーチの手が入る。チートイツ単騎待ち。これに瀬戸熊が放銃して6400点。朝倉VS二階堂という構図が成立する。

二階堂は粘り強い攻めを見せ、徐々にリードをひろげて迎えた南3局。朝倉が赤1の手でリーチをかける。しかしアガッたのは二階堂。ピンフ・ドラ3のツモアガリで2000・4000。このアガリが決定打となって、二階堂のバースデートップを手に入れた。

勝利者インタビューで二階堂は「高宮プロがバースデーのときにラスだったので、今年はダメなのかな? ってドキドキしてました(笑)今日はなにがなんでもトップを取りたかったので、ホッとしてます」と語った。

【Result】
1着 二階堂亜樹・EX風林火山 4万4700点/+64.7
2着 朝倉康心・U-NEXT Pirates 2万7900点/+7.9
3着 瀬戸熊直樹・TEAM雷電 2万300点/▲19.7
4着 日向藍子・渋谷ABEMAS 7100点/▲52.9

【Total】
1位 EX風林火山 +196.9(29/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +185.1(30/90)
3位 U-NEXT Pirates +30.5(29/90)
4位 セガサミーフェニックス +18.0(30/90)
5位 TEAM雷電 +15.7(29/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲91.1(30/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲169.9(30/90)
8位 渋谷ABEMAS ▲185.2(29/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

11月15日の対戦は
EX風林火山vs 渋谷ABEMAS vs TEAM RAIDEN / 雷電vs U-NEXT Pirates

キャスト

EX風林火山
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:佐々木寿人
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 風林火山vs ABEMAS vs雷電vs Pirates

この記事のタイトルとURLをコピーする