卓上のMリーガーも空を切った 豪腕・瀬戸熊直樹の“変化球”【熱論!Mリーグ】




熱論!Mリーグ【Thu】

卓上のMリーガーも

空を切った

豪腕・瀬戸熊直樹の“変化球”

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2018年11月1日

麻雀でぼろぼろに負けた日。天鳳で途方もない量のptを失った日。

 

誰にでもある、辛く、屈辱的な日。

 

しかし我々は、また次の休日に雀荘に行けばよい。次の日にパソコンと向かい合えばよい。

 

麻雀プロの方々は、そういうわけはいかない。名前は伏せておくが、私と親交の深い某○○プロ(ハンドルネーム:232355さん)がこう語ってくれたことがある。

 

「次の試合まで、自分の名前がリーグ戦の表の一番下にあるのは、気分のいいものじゃないよ」

 

早く挽回したいと思っても、すぐには打てない。次の機会が来るまでじっと待たないといけないのだ。

 

そして今日の1戦目。現在Mリーグ個人最下位に甘んじている男が、先発の機会を得て卓へと向かっていった。

 

チーム雷電 萩原聖人である。

 

試合が始まり、まず思った。

 

火曜日の【熱論!Mリーグ】の記事でも触れられていたが、打牌時のマナーが格段に改善されている。

 

切るときの音は控えめ。所作にも荒っぽさがなくなっている。

 

カッコよくなったなぁ…と思って見ていると…

 

【東2局】

親番の萩原、赤ドラドラのチャンス手。丁寧に置いておいたを4巡目に重ね、

 

その後をポン。

 

そして7巡目。

 

事件は起こった。

 

…? 

 

残した東は萩原にとってはダブ。狙いとしては、

 

①周りにを絞らせたい 

 

を重ねた

 ポン

 

の形からを鳴いて

 

 ポン ポンの18000のテンパイの道を残す

 

ということだろう。

 

しかし、ハッキリ言ってこの打は甘い。さすがに速度が落ち過ぎだ。