高宮まり、ウラ3一撃6000オール!! 3勝目をゲットして、風林火山をロックオン!!

高宮まり、

ウラ3一撃6000オール!!

3勝目をゲットして、

風林火山をロックオン!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕40日目、第1戦は高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。東2局の親番で、ウラ3のハネマンをツモった高宮が逃げ切ってゴールイン。首位の風林火山との差を2桁に詰め、首位攻防戦の様相を呈し始めた。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢EX風林火山二階堂瑠美U-NEXT Pirates小林剛、そして高宮の4名。

試合は、北家・小林と西家・園田のリーチ合戦から幕を開ける。両者の待ちはともに【2ソウ】【5ソウ】。園田が【2ソウ】を引き寄せ、赤2・ウラ1の2000・4000。まずは園田が先制点を挙げる。

東2局、親の高宮が3巡目にリーチ。ドラ1の【5ピン】【8ピン】待ち。一人旅の決着は15巡目。高宮は【5ピン】をツモってウラドラがアンコの【西】。6000オールで一気に他家を引き離す。

東4局、親の小林が5巡目にリーチを宣言。ドラの【3ピン】を切ってのカン【6ピン】待ち。【8ピン】が3枚切られており、【6ピン】が盲点になるのを狙っての待ち取り。結果は【6ピン】をツモアガって赤1・ウラ1の4000オール。

二階堂も黙ってはいない。同1本場ではピンフ・ドラ1・赤2の【1マン】【4マン】待ちをリーチ・ツモ。ウラが2枚の4000・8000で2番手に浮上する。

南1局、園田が3フーロしてチンイツトイトイのテンパイ、【1ソウ】【3ソウ】のシャンポン待ち。下家の小林も【赤5ソウ】含みの3フーロでタンヤオ・ドラ3・赤1の【5ピン】【8ピン】待ちテンパイ。最後のツモ番で【8ピン】を掴んだ園田。【8ピン】は小林がポンしている牌。長考の末、ツモ切って8000点の放銃となる。これで園田が脱落し、二階堂と小林が高宮への挑戦権を得る。

オーラス、二階堂がアガればトップのリーチをかけるが、親の小林がノーテン流局で試合終了。二階堂と小林は、同点2着でのフィニッシュ。高宮が3勝目を獲得となった。

高宮はインタビューで、

「チームからは『落ち着いて焦らないで。ポイントがあるから大丈夫』と送り出してもらえたので、落ち着いてできたかなぁって感じです」

と語った。

【Result】
1着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 3万3300点/+53.3
2着 二階堂瑠美・風林火山 2万8600点/▲1.4
2着 小林剛・パイレーツ 2万8600点/▲1.4
4着 園田賢・ドリブンズ 9500点/▲50.5

【Total】
1位 EX風林火山 +468.1(39/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +379.0(39/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +83.9(40/90)
4位 渋谷ABEMAS +1.2(40/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲27.8(39/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲66.6(40/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲301.4(39/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲536.4(40/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsPirates

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
12月10日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!