鈴木たろう、冴えるゼウスの選択!! ドリブンズ浮上の契機となるか!?

鈴木たろう、

冴えるゼウスの選択!!

ドリブンズ浮上の

契機となるか!?

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕20日目、第1戦は鈴木たろう赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。中盤に堀からマンガン、白鳥から親マンガンを仕留めた鈴木がそのまま逃げ切って3勝目。崖っぷちのドリブンズを窮地から救う1勝となった。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾渋谷ABEMAS白鳥翔セガサミーフェニックス東城りお、そして鈴木の4名。

序盤は東城が2600、1300と連続でアガってリードを重ねる。試合が動き始めたのは東4局1本場。

北家の白鳥が8巡目に赤2のテンパイ。リーチをかけて、【4ソウ】【7ソウ】待ちの【4ソウ】をツモアガリ。ウラ1の2000・4000で白鳥がトップ目に立つ。

次局、親の堀が9巡目にリーチ。ピンフ【3ピン】【6ピン】待ち。さらに白鳥が【白】を鳴いて同じく【3ピン】【6ピン】待ちテンパイ。ここで「ゼウスの選択」がさえる。ドラの【中】がアンコとなった南家の鈴木が、【6ピン】を雀頭に固定して【8マン】【6マン】【7マン】とチーしてテンパイ。【1マン】【4マン】待ちの【4マン】を堀から捉えて8000点。鈴木が白鳥とほぼ並びに。

南2局1本場、鈴木の親番ではタンヤオ・赤3の【4マン】【7マン】待ちをヤミに構え、【4マン】を白鳥から仕留めて12000点。このアガリが鈴木のトップを決定づけた。

オーラス、3着目でラス親の東城に弩級のテンパイが入る。【中】アンコのドラ1・赤2の【4マン】【7マン】待ち。【4マン】ならイーペーコーという勝負手。この手をヤミにかまえていると、7300点差でラス目の白鳥からリーチが入る。

東城もツモ切って追いかけリーチをかけるが、白鳥のツモアガリで決着。ピンフ・ウラ2の2000・4000で、白鳥が3着に浮上して試合終了。

鈴木がドリブンズを窮地から救う、今季3勝目を獲得した。

鈴木はインタビューで、

「チームがめちゃくちゃ苦しいときなんで、これが(浮上の)きっかけになればいいなと思います。これからもセオリーにとらわれない思い切った、自分を信じる選択をしていきたいと思いますので、これからも楽しんで見てください」

と語った。

【Result】
1着 鈴木たろう・ドリブンズ 4万7900点/+67.9
2着 堀慎吾サクラナイツ 2万6400点/+6.4
3着 白鳥翔・ABEMAS 1万6200点/▲23.8
4着 東城りお・フェニックス 9500点/▲50.5

【Total】
1位 EX風林火山 +348.7(20/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +155.4(20/90)
3位 渋谷ABEMAS +5.6(19/90)
4位 U-NEXT Pirates +1.7(20/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲51.3(19/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲80.1(19/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲124.5(20/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲255.5(19/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvsABEMASvsフェニックス

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
11月5日の対戦は赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvsABEMASvsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!