園田賢、今季初トップは鈴木たろうと同日2連勝!! ドリブンズ完全復活!!

園田賢、

今季初トップは

鈴木たろうと同日2連勝!!

ドリブンズ完全復活!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕20日目、第2戦は園田賢赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。第1試合の鈴木につづいて、園田が4和了0放銃の盤石の内容で今季初トップ。マイナスを100ポイント台に戻して、反撃の狼煙を上げた。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠渋谷ABEMAS日向藍子セガサミーフェニックス近藤誠一、そして園田の4名。

開局は親の日向が【6ピン】【南】とポンしてトイトイ・赤1をリーチの沢崎から仕留めて7700点。

同1本場、放銃に回った西家・沢崎が南家・近藤から三暗刻【西】の6400を討ち取って即座に回復。

東2局、園田のリーチ・イッツーのペン【7マン】待ちに、タンヤオ・赤1のカン【6ピン】待ちでテンパイしていた近藤がツモ切りで放銃。ウラが1枚の8000点。園田が日向に並ぶ。

その園田が、次局にピンフイーペーコーをリーチ・ツモ。1300・2600で日向を逆転する。

南1局には、カン【3ピン】チーから仕掛けてタンヤオ・234サンショク・ドラ1を、大三元狙いの日向から直撃してリードを広げる。

トップ目でオーラスを迎えた、ラス親の園田。2着沢崎と3着日向とは1,100点差。2人の2着争い高みの見物かと思いきや、沢崎からリーチが入る。沢崎がハネマンをツモると逆転される園田は、ひたすら流局を願う。

沢崎の手はピンフ・高めイーペーコー・ドラ1・赤1の【5ソウ】【8ソウ】待ち。高め【5ソウ】は牌山に1枚残っていたが、ツモることはできずに流局して試合終了。

園田が待望の今季初勝利を、鈴木たろうとの同日2連勝で飾り、ドリブンズ完全復活の狼煙を上げた。

園田はインタビューで、

「トップを取ってまつかよさんに会うのは、去年の後半からずっとなかったんで、このままだと連続無トップMリーグ記録の1〜2試合前くらいまできてたんですよ、たぶん。ほんとほっとしてます」

と語った。

【Result】
1着 園田賢・ドリブンズ 4万4600点/+64.6
2着 沢崎誠サクラナイツ 2万8100点/+8.1
3着 日向藍子・ABEMAS 2万5000点/▲15.0
4着 近藤誠一・フェニックス 2300点/▲57.7

【Total】
1位 EX風林火山 +348.7(20/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +155.4(20/90)
3位 U-NEXT Pirates +1.7(20/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲9.4(20/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲43.2(20/90)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲124.5(20/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲137.8(20/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲190.9(20/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvsABEMASvsフェニックス

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
11月5日の対戦は赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvsABEMASvsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!