大海原に咲く一輪の桜 朝倉康心と岡田紗佳、長い冬を超えた2人の戦士【熱論!Mリーグ/FS3日目】担当記者:真中彰司

熱論Mリーグ【FS3日目】

大海原に咲く一輪の桜 

朝倉康心と岡田紗佳、

長い冬を超えた2人の戦士

文・真中彰司【木曜担当ライター】2020年6月18日

6月18日、ファイナル3日目。

魚谷侑未の2連勝で首位に立つセガサミーフェニックスを、3チームが追いかける展開だ。

第5戦は、安定感のある選手と起爆剤になりうる選手がぶつかり合う面白いカードとなった。

フェニックスからは、驚異のスーパーセーブを見せた近藤誠一

 

渋谷ABEMASからは、1日目に強烈な倍満を見せた多井隆晴

この2選手はファイナルでも抜群の安定感を見せており、ファンも安心して応援していることだろう。

ここで注目なのは、残りの2選手。

まずはU-NEXTパイレーツから朝倉康心

イマイチ波に乗り切れていない我慢のシーズンを過ごしている朝倉。

しかし私はこの切りを見たとき、「2018シーズンのキレが戻っている」と確信した。

コロナによる中断期間を経て迷いを断ち切り、調子を仕上げてきたようだ。

続いてKADOKAWAサクラナイツからは、初出場の岡田紗佳

内川幸太郎沢崎誠の継投策でリードを稼ぐ作戦に出るも、4連続ラスを喰らってしまい絶体絶命。

季節外れのサクラの開花宣言は、最年少Mリーガーに託された。

東家 朝倉康心(U-NEXT Pirates)

南家 近藤誠一(セガサミーフェニックス)

西家 多井隆晴(渋谷ABEMAS) 

北家 岡田紗佳(サクラナイツ)

東1局

起家ということで、ドラのを打ち出してやる気満々の朝倉。

そこに多井が赤ドラ2枚内蔵のリーチを掛ける。待ちは

いきなり厳しい展開になった朝倉だが…

「まぁ、そういうこともあるでしょう」

想定通りといった面持ちで、冷静に卓上を見つめている。

そして、親番だからといって甘えず、サラリとを抜いて降りた。

今日は、一切の中途半端を許さない。

多井のアガリ牌は山に十分残っていたが、脇に流れて流局。

「引けないかスーパースターのツモはどこへ行った?」

東2局1本場

朝倉に入ったのは、ドラ3のチャンス手。ホンイツまで絡めば跳満が見える。

そこに襲い掛かるのは、近藤の親リーチ。これも待ちはだ。

フェニックスの沈まぬ守護神、近藤は非常に落ち着いている。

「俺のリーチについてこられるか?」

これを受けて、またも厳しくなった朝倉。

  • 雀荘感想キャンペーン
    Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!