麻雀最強戦2019女流プレミアトーナメント「一発逆転」観戦記【B卓編】茅森、黒沢、手塚、二階堂、一発逆転するのは誰?Mリーグ場外戦争

麻雀最強戦2019

女流プレミアトーナメント

「一発逆転」B卓編

茅森、黒沢、手塚、二階堂、

一発逆転するのは誰?

Mリーグ場外戦争

【B卓】担当記者:真中彰司2019年3月17日(日)

 

なんと今週は2日連続で最強戦!というわけで観戦記も2日連続です。

小山さんと梅中アナ、そして近藤誠一プロの喉が心配である。

本日の予選ブロックのテーマは『一発逆転』

その名の通り、ワンチャンスをものにする打点力を持った女流が集結した。

この観戦記では予選B卓の様子をお届けする。

それでは豪華な対局メンバーを紹介しよう。

まずはセガサミーフェニックスのMリーガー・茅森早香

Mリーグでは平均打点部門で1位を獲得する活躍を見せた。

一度狙った獲物は絶対に逃さない。今日も女豹がオコってる!

 

 

続いてはMリーガー・佐々木寿人の妻としてもお馴染み、手塚紗菊

旦那譲りのガラクタポーズで颯爽と登場。

でも彼女の雀風は全然ガラクタじゃないような…?

 

 

3人目はTEAM雷電のMリーガー・黒沢咲

Mリーグに旋風を巻き起こしたセレブ打法が、最強戦でも躍動する。

他人のリー棒でコツコツ稼ぐような真似はいたしません!だってセレブだもの。

 

 

最後は元最強位・二階堂瑠美

Mリーガーである妹・二階堂亜樹はA卓で敗退してしまった。

姉として、妹の無念を晴らせるか?

 

奇しくもMリーガー vs Mリーガーの親族という構図に。

Mリーグ場外戦争の幕開けだ。

東1局は手塚のリーチに茅森が一発で放銃して2600点。

静かな立ち上がりから始まった。

続く東2局、親の瑠美にピンフのみの先制テンパイが入る。

しかしドラのを引けば、タンヤオ・三色・ドラで4翻アップが見込める。

美しい手役を求め、ここはダマテンに構えた。

そこに黒沢がタンヤオ・平和・ドラ1の満貫確定リーチで割り込む。

庶民には嬉しい満貫確定リーチでも、セレブには日常茶飯事だ。

むしろ一発や裏ドラで跳満まで持っていくイメージが強い。

しかしここは瑠美が700オールをツモアガリ。

「ふーん、三色待ちね。やるじゃない」

リーチをかわされた黒沢の心中や如何に。

 

更に連荘は続き東2局2本場。瑠美が早いリーチで攻め立てる。

これに立ち向かっていったのは、またも黒沢。

跳満が見えれば一直線。

無筋を2つ切り飛ばして、ピンフ・ドラ1で追い付いた。

待ちのは親の現物でもない。これはリーチだ。

が、黒沢これをダマテンっ

100人中98人がリーチするであろうこの手を…ダマテンっ…!

結果的にツモ切りリーチに切り替えて放銃してしまったが、

「高い手作りでは絶対に負けたくない」

という黒沢の意地が垣間見えるダマテンだった。

 

 

このまま瑠美の独走が続くかと思われた東2局3本場

手塚と茅森から一気に2軒リーチが入る。

イーシャンテンだった親の瑠美。

なんとか粘ろうと、対子のに手をかける。

切れば茅森に一発放銃…危ない!!

と思いきや、右側に寄せてまだ切らない。一旦はセーフ。

暗刻のを切って完全にオリる手もあり、悩ましいところ。

まだ得意の変顔は出ていないようだ。

そして導き出した瑠美の選択は…

なんと右側のではなく、左側の

なお、意味は全く変わっていない。

この放銃で茅森に8000点を献上してしまった。

茅森「なんか知らないけど点棒が増えて良かった

その後は小さいアガリで場が回り、誰も抜け出さないまま南場へ突入。

南2局、西家の手塚にチャンス手が入る。

3巡目でチートイドラドラをテンパイし、次巡に待ち替え。

手塚はまだ親番が残っているためか、慎重にダマテンを選択。

不幸にもこれに飛び込んでしまったのが瑠美。

この手でが止まるはずもなく、6400点の放銃。

瑠美「その巡目で6400なんて、完全に事故だわ

親番が流れて3着目と、やや厳しい立ち位置になってしまった。

続く南3局、もう後がない黒沢の親番だ。

先ほどとは構えを変え、早々と三色を見切って受け入れを最大にした。

ここまでアガリは0回、何としてもアガリが欲しい。

セレブの願いは優先的に聞き入れられる仕組みなのか。

絶好のpastedGraphic_33.pngを引き入れて、高目タンヤオでリーチを打つと…

解説席「出たぁー!!」

これぞセレブツモ。高目のを一発でツモアガリ。

さらに裏ドラも乗せて6000オール。一気にトップ目まで駆け上がった。

黒沢「テーマは『一発逆転』でしょう?ま、こんなものね」

髪をかき上げる所作にも気品と余裕が感じられる。

そして続く南3局1本場

セレブ打法を見て火が付いたのか、茅森も大物手を狙う。

ところがが鳴けたため路線変更。さすが冷静な現実主義者。

最低でも5200点が見込めるため、2着浮上には十分だ。

更に2枚連続でを引き入れ、猫のように軽やかな1300-2600のアガリを決めた。

迎えたオーラス、親の手塚が逆転を狙ってリーチをかける。

茅森はともかく、まだまだ黒沢も油断できない点差である。

リーチ棒が出たことで、条件が軽くなった瑠美も追っかけリーチ。

勝負は最後まで分からなくなった。

結果は瑠美が安めので手塚に放銃。

手塚が2着に浮上し、勝負は次局に持ち越された。

オーラス1本場、手塚と茅森の差は1300点。

ジリジリしたツモが続いたが、茅森は11巡目にテンパイを入れる。

カン待ちで5200点。苦しい待ちだが、背に腹は代えられない。

片や手塚は、茅森から打たれたをスルー。

あくまでメンゼンにこだわる構えだ。

しかしこのスルーが仇となったか、手牌がまとまらない。

残り1巡で

またはを引く可能性に賭けたが…

手塚のツモ筋にテンパイできる牌は眠っていなかった。

手塚、無念のノーテン終了。

茅森がテンパイ料で2着に再浮上し、決勝進出を決めた。

【B卓結果】

1位 黒沢咲

2位 茅森早香

3位 手塚紗菊

4位 二階堂瑠美

 

真中彰司
関東の理系大学院に在学中の学生。個別指導塾の数学講師という顔も持つ。主に統計学を研究する傍ら、都内各地にて麻雀修行中。

(C)AbemaTV