麻雀最強戦2019女流プレミアトーナメント「一発逆転」観戦記【B卓編】茅森、黒沢、手塚、二階堂、一発逆転するのは誰?Mリーグ場外戦争

麻雀最強戦2019

女流プレミアトーナメント

「一発逆転」B卓編

茅森、黒沢、手塚、二階堂、

一発逆転するのは誰?

Mリーグ場外戦争

【B卓】担当記者:真中彰司2019年3月17日(日)

 

なんと今週は2日連続で最強戦!というわけで観戦記も2日連続です。

小山さんと梅中アナ、そして近藤誠一プロの喉が心配である。

本日の予選ブロックのテーマは『一発逆転』

その名の通り、ワンチャンスをものにする打点力を持った女流が集結した。

この観戦記では予選B卓の様子をお届けする。

それでは豪華な対局メンバーを紹介しよう。

まずはセガサミーフェニックスのMリーガー・茅森早香

Mリーグでは平均打点部門で1位を獲得する活躍を見せた。

一度狙った獲物は絶対に逃さない。今日も女豹がオコってる!

 

 

続いてはMリーガー・佐々木寿人の妻としてもお馴染み、手塚紗菊

旦那譲りのガラクタポーズで颯爽と登場。

でも彼女の雀風は全然ガラクタじゃないような…?

 

 

3人目はTEAM雷電のMリーガー・黒沢咲

Mリーグに旋風を巻き起こしたセレブ打法が、最強戦でも躍動する。

他人のリー棒でコツコツ稼ぐような真似はいたしません!だってセレブだもの。

 

 

最後は元最強位・二階堂瑠美

Mリーガーである妹・二階堂亜樹はA卓で敗退してしまった。

姉として、妹の無念を晴らせるか?

 

奇しくもMリーガー vs Mリーガーの親族という構図に。

Mリーグ場外戦争の幕開けだ。

東1局は手塚のリーチに茅森が一発で放銃して2600点。

静かな立ち上がりから始まった。

続く東2局、親の瑠美にピンフのみの先制テンパイが入る。

しかしドラのを引けば、タンヤオ・三色・ドラで4翻アップが見込める。

美しい手役を求め、ここはダマテンに構えた。

そこに黒沢がタンヤオ・平和・ドラ1の満貫確定リーチで割り込む。

庶民には嬉しい満貫確定リーチでも、セレブには日常茶飯事だ。

むしろ一発や裏ドラで跳満まで持っていくイメージが強い。

しかしここは瑠美が700オールをツモアガリ。

「ふーん、三色待ちね。やるじゃない」

リーチをかわされた黒沢の心中や如何に。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする