麻雀最強戦2019女流プレミアトーナメント「一発逆転」観戦記【B卓編】茅森、黒沢、手塚、二階堂、一発逆転するのは誰?Mリーグ場外戦争

更に連荘は続き東2局2本場。瑠美が早いリーチで攻め立てる。

これに立ち向かっていったのは、またも黒沢。

跳満が見えれば一直線。

無筋を2つ切り飛ばして、ピンフ・ドラ1で追い付いた。

待ちのは親の現物でもない。これはリーチだ。

が、黒沢これをダマテン

100人中98人がリーチするであろうこの手を…ダマテンっ…!

結果的にツモ切りリーチに切り替えて放銃してしまったが、

「高い手作りでは絶対に負けたくない」

という黒沢の意地が垣間見えるダマテンだった。

 

 

このまま瑠美の独走が続くかと思われた東2局3本場

手塚と茅森から一気に2軒リーチが入る。

イーシャンテンだった親の瑠美。

なんとか粘ろうと、対子のに手をかける。

切れば茅森に一発放銃…危ない!!

と思いきや、右側に寄せてまだ切らない。一旦はセーフ。

暗刻のを切って完全にオリる手もあり、悩ましいところ。

まだ得意の変顔は出ていないようだ。

そして導き出した瑠美の選択は…

なんと右側のではなく、左側の

なお、意味は全く変わっていない。

この放銃で茅森に8000点を献上してしまった。

茅森「なんか知らないけど点棒が増えて良かった

その後は小さいアガリで場が回り、誰も抜け出さないまま南場へ突入。

南2局、西家の手塚にチャンス手が入る。

3巡目でチートイドラドラをテンパイし、次巡に待ち替え。

手塚はまだ親番が残っているためか、慎重にダマテンを選択。

不幸にもこれに飛び込んでしまったのが瑠美。

この手でが止まるはずもなく、6400点の放銃。

瑠美「その巡目で6400なんて、完全に事故だわ

親番が流れて3着目と、やや厳しい立ち位置になってしまった。

続く南3局、もう後がない黒沢の親番だ。

先ほどとは構えを変え、早々と三色を見切って受け入れを最大にした。

ここまでアガリは0回、何としてもアガリが欲しい。

セレブの願いは優先的に聞き入れられる仕組みなのか。

絶好のpastedGraphic_33.pngを引き入れて、高目タンヤオでリーチを打つと…

解説席「出たぁー!!」

これぞセレブツモ。高目のを一発でツモアガリ。

さらに裏ドラも乗せて6000オール。一気にトップ目まで駆け上がった。

黒沢「テーマは『一発逆転』でしょう?ま、こんなものね」

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!