迫り来る選択の波を乗り越えて、小林剛はトップを持ち帰ることが出来るのか!?【Mリーグ2020観戦記1/28】担当記者:ゆうせー

迫り来る選択の波を

乗り越えて、小林剛は

トップを持ち帰ることが

出来るのか!?

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2021年1月28日

第一試合

東家 二階堂亜樹(EX風林火山)

南家 小林剛(U-NEXT Pirates)

西家 内川幸太郎(KADOKAWAサクラナイツ)

北家 近藤誠一(セガサミーフェニックス)

解説 土田浩翔 実況 日吉辰哉

東1局1本場

をポンしてタンヤオのテンパイを入れている小林、

「リーチ」

親の亜樹のリーチを受けて、

さぁ、何を切る?

小林の選択は、

だった。

中筋であるのトイツ落としで回り、の連続形が伸びてのテンパイ復活をにらんだ一打だ。

亜樹の待ちは、

…!しかもドラ3!

一発放銃をひらりと回避した小林。この局は、

亜樹の一人テンパイで流局となった。

続く東1局2本場は、

近藤がドラを横に曲げた!

リーチ宣言牌のを亜樹がチー。

そして小林がツモったのは、

テンパイが入るだ!!どうする!?

小林の選択は、

追っかけリーチ!

リーチをかければ、リーチ赤ドラ5200は5800からの打点。さらにリーチ棒が場に2本。アガリの価値が大きいここで小林は勝負に出た。

ソウズのあたりが場に多く見えているのも、リーチを後押しする。

勝負の結末は、

「ロン」

テンパイが入っていた亜樹からが放たれた!

裏ドラこそ乗らなかったが、小林は大きなアガリをものにする。

ちなみに、

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!