和久津晶、少ないチャンスを活かし、ファイナル初トップ!! フェニックスは死なず!!

和久津晶、

少ないチャンスを活かし、

ファイナル初トップ!!

フェニックスは死なず!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ3日目」の第2戦は、和久津晶セガサミーフェニックス)がトップを獲得。東場の親でマンガンをアガった和久津が、終始リード。南2局の小林の親をかわし、オーラスの白鳥のリーチは沢崎にアガらせて、ファイナル初トップをもぎ取り首位を奪還した。

2回戦の対局者は、渋谷ABEMAS白鳥翔KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠U-NEXTパイレーツ小林剛、そして和久津。

東3局、親の和久津がリーチ・ツモ・ドラ1・赤1のカン待ちをツモって4000オール。これで和久津が東場をリードする。

南1局、西家の和久津がピンフのヤミテンを入れていたところに北家の白鳥からリーチがかかる。和久津、一発目に無筋のを押すが、これがアタリ牌。ピンフ・ウラなしで3900点。白鳥が和久津に迫る。

次局、小林の親番。またしてもヤミテンを入れていた和久津がでツモアガリ。ピンフ・ドラ1・赤1で1300・2600。

南4局1本場、親の白鳥に大物手が入る。ドラのがアンコで待ち。なら567サンショクでダマでハネマンだ。

しかし、白鳥のアガリ牌が打たれる前に4着の沢崎からリーチが入る。

これを受けて、白鳥もドラを切って待ちにチェンジ、リーチで勝負をかける。

2軒リーチに挟まれた和久津、落ち着いて親の白鳥の現物を切る。するとこれが沢崎のアタリ牌。ピンフ・赤1の3900点で和久津が逃げ切りトップ。

小林が3着から4着に、そして白鳥はリーチ棒の差で3着落ち。沢崎の2着浮上で試合終了となった。

和久津は1戦目ラスの近藤の仇討ちを果たし、パイレーツから首位の座を奪い返した。

勝利者インタビューで和久津は、
「(1戦目)まさかの近藤さんがラスを引いた後だったので、節目になる半荘かなと思って緊張しました。まだ半分もあるので浮かれていられないんですけど、単純にチームがトップにいるのはうれしいです。(チームの)戦力になれるように、ウチにはカードが4枚あるところを見せたくて頑張りました
と語った。

【Result】
1着 和久津晶・フェニックス 3万4200点/+54.2
2着 沢崎誠サクラナイツ 2万3400点/+3.4
3着 白鳥翔・ABEMAS 2万1500点/▲18.5
4着 小林剛・パイレーツ 2万900点/▲39.1

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +178.3(6/12)
2位 U-NEXT Pirates +99.8(6/12)
3位 渋谷ABEMAS +32.7(6/12)
4位 KADOKAWAサクラナイツ ▲52.1(6/12)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲65.0
6位 TEAM雷電 ▲86.8
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ3日目」

KADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates

2019ファイナルシリーズは、セミファイナルシリーズを勝ち抜いた
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
UーNEXTパイレーツ
による直接対決!

セミファイナルシリーズのスコアを半分持ち越し4チームによる計12戦を行い、優勝チームが決定します。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:瀬戸熊直樹
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ3日目

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!