朝倉康心、大三元!! 16000オール成就で、パイレーツついに首位到達!!

朝倉康心、大三元!!

16000オール成就で、

パイレーツついに首位到達!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ3日目」の第1戦は、朝倉康心U-NEXT Pirates)がトップを獲得。東場でハネマンを決めた朝倉が、南1局の親番で大三元ツモの大仕事を成し遂げて大トップを獲得。フェニックスとのトップラスも決めて、パイレーツを首位に押し上げた。

1回戦の対局者は、渋谷ABEMAS多井隆晴KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳セガサミーフェニックス近藤誠一、そして朝倉。

流局が続いて迎えた東2局2本場、北家の朝倉がリーチ・一発・ツモ・ピンフ・ドラ1・赤1のハネマンツモでリードを奪う。

さらに南1局、親番で開いた朝倉の配牌に三元牌がそれぞれトイツで贈呈される。とポンして朝倉のテンパイ形は、

 ポン ポン

まごうことなき高め大三元は1枚は近藤の手に収まったが、残り1枚は牌山の中。

そして朝倉が17巡目にツモった牌は… ! 16000オール!

ファイナル初の役満は朝倉が決めた。

2着以下は一時ハコ下に沈められた岡田が、親番で粘って2万点台に復活して2着獲得。同点からの3着争いは多井に軍配が上がって、”不沈艦”近藤がハコ下のラスとなった。

勝利者インタビューで朝倉は、
「(大三元は)いや〜、ビックリですね。(も)当然出てくる牌ではないですし、牌山にいるかもわからない牌なので『多分アガれないだろうな、1500点の顔しよう』と思いながらやってました
と笑顔で語った。

▲朝倉の価千金の16000オール!

【Result】
1着 朝倉康心・パイレーツ 7万4400点/+94.4
2着 岡田紗佳サクラナイツ 2万4200点/+4.2
3着 多井隆晴・ABEMAS 3300点/▲36.7
4着 近藤誠一・フェニックス ▲1900点/▲61.9

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +138.9(5/12)
2位 セガサミーフェニックス +124.1(5/12)
3位 渋谷ABEMAS +51.2(5/12)
4位 KADOKAWAサクラナイツ ▲55.5(5/12)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲65.0
6位 TEAM雷電 ▲86.8
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ3日目」

KADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates

2019ファイナルシリーズは、セミファイナルシリーズを勝ち抜いた
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
UーNEXTパイレーツ
による直接対決!

セミファイナルシリーズのスコアを半分持ち越し4チームによる計12戦を行い、優勝チームが決定します。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:瀬戸熊直樹
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ3日目

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!