萩原聖人、大吉効果で混戦を制す!! 今年も「雷電の麻雀は面白いんです!!」




萩原聖人、
大吉効果で混戦を制す!!
今年も「雷電の麻雀は面白いんです!!」

1月8日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
1回戦は、TEAM雷電・萩原聖人(日本プロ麻雀連盟)が混戦を制してトップを獲得。
チームは3位に浮上し、ポイントもプラスを伺える位置にまで上昇した。

対局者は、
EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)、
U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
セガサミーフェニックス・魚谷侑未(日本プロ麻雀連盟)、
そして萩原。

並びは、滝沢・萩原・朝倉・魚谷。

平たい点棒状況で迎えた南2局、微差のトップ目の朝倉が、3巡目に待ちの先制リーチをかける。
しかし、6巡目に親の萩原から追いかけリーチを食らい、一発放銃。ピンフ・赤1の手で12000の失点。萩原がトップに立つ。

しかし次局、朝倉がタンヤオ・ピンフ・ドラ1・赤3のハネマンを魚谷から直撃し、即座に点棒を回復させる。

萩原・滝沢・朝倉の三つ巴となったオーラスは、萩原がメンホン・・赤1をツモってハネマン和了。大事な2019年初戦を勝利で飾った。

萩原は勝利者インタビューで「昨日黒沢さんがラスだったので、僕自身も後何回打てるかもわからないので、どの半荘も背水の陣で臨もうと。これで今年弾みがつけばいいなと思います。」と語った。

【Result】
1着 TEAM雷電・萩原聖人(日本プロ麻雀連盟)4万5600点/+65.6
2着 EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)2万7800点/+7.8
3着 U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会)2万3100点/▲16.9
4着 セガサミーフェニックス・魚谷侑未(日本プロ麻雀連盟)3500点/▲56.5

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +316.8(56/80)
2位 EX風林火山 +275.1(57/80)
3位 TEAM雷電 ▲25.0(59/80)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲26.1(58/80)
5位 渋谷ABEMAS ▲83.5(56/80)
6位 U-NEXT Pirates ▲140.2(55/80)
7位 セガサミーフェニックス ▲317.1(55/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ 風林火山vsフェニックスvs雷電vsPirates

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」