堀慎吾、2度の12000点を決めて快勝!! 同日連勝で首位Piratesを射程圏内に!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

堀慎吾、2度の

12000点を決めて快勝!!

同日連勝で首位Piratesを

射程圏内に!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の66日目、第2戦は堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。2度の12000点のアガリを決めた堀が快勝。岡田との同日連勝を決めて、サクラナイツが首位Piratesへ猛チャージをかけ始めた。

第2戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗TEAM RAIDEN / 雷電・瀬戸熊直樹BEAST Japanext鈴木大介、そして堀の4名。

東3局1本場、親の伊達と北家の堀が6巡目にリーチ。伊達は【西】単騎、堀は【南】単騎のそれぞれがチートイツ。1枚切れの【南】をトイツにしてしまった瀬戸熊から【南】がこぼれてウラ2のハネマン。堀が一歩リードを奪う。

堀のリードで迎えた南2局、2フーロして【赤5ピン】をツモ切った堀が【4ピン】【6ピン】のシャンポン待ちの【6ピン】をツモアガリ。タンヤオトイトイ・赤1の4000オールで5万点オーバーに達する。

オーラス1本場は、堀が3着目の伊達のリーチに5200を放銃して試合終了。堀が6勝目をあげて、岡田との同日連勝を決めた。

堀はインタビューで、

「(同日連勝について)うれしいです。(至極の一局は)南2局、タンヤオトイトイ・赤1をアガった局ですねぇ。分岐がまず【白】を切っていいものか、かなり不格好なリャンシャンテンの手で、守備的にチートイツに構えたりしか無理なのかなみたいな感じだったんですけど、【白】を切ることに決めて【5マン】からポンして結果的にテンパイして石橋さんチックな【赤5ピン】ツモ切りで、自力で【6ピン】を持ってきたあの瞬間。やっぱり麻雀やめられないなと」

と語った。

【Result】
1着 堀慎吾サクラナイツ 4万1900点/+61.9
2着 鈴木大介・BEAST 2万6700点/+6.7
3着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 2万3800点/▲16.2
4着 瀬戸熊直樹・雷電 7600点/▲52.4

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +460.1(58/96)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +397.1(58/96)
3位 赤坂ドリブンズ +256.9(58/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +128.2(58/96)
5位 渋谷ABEMAS ▲16.0(60/96)
6位 EX風林火山 ▲90.4(60/96)
7位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲341.7(60/96)
8位 セガサミーフェニックス ▲344.0(58/96)
9位 BEAST Japanext ▲450.2(58/96)

大和証券 Mリーグ サクラ ナイツvs麻雀 格闘倶楽部vs雷電vsBEAST

1月16日(火) 19:00 〜 1月17日(水) 00:00

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電vsBEAST Japanext

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
BEAST Japanext
実況:松嶋桃
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ サクラ ナイツvs麻雀 格闘倶楽部vs雷電vsBEAST

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/