佐々木寿人、2連勝!! 二度とはない今日だから…、格闘倶楽部の明日はどっちだ!?

佐々木寿人、2連勝!!
二度とはない今日だから、
格闘倶楽部の
明日はどっちだ!?

12月10日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
1回戦は、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。佐々木は連勝で個人7勝目。

対局者は、
渋谷ABEMAS・松本吉弘(日本プロ麻雀協会)
TEAM雷電・黒沢咲(日本プロ麻雀連盟)
U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)

そして佐々木。

並びは、黒沢・佐々木・松本・石橋。

東1局、好調の黒沢が親で先制リーチをかけ、松本から討ち取ってリーチ・・ウラ1の7700で先行する。

東4局は、親の石橋がダブアンコの先制リーチ。しかしすかさず佐々木が追いかけ、ほどなくツモ。ピンフ・ドラ2・赤1の3000・6000。黒沢を交わして佐々木がトップに立つ。

南3局は佐々木・松本・石橋の3軒リーチ合戦。佐々木と松本は奇しくも同じ待ちだが… ツモり勝ったのは佐々木! 1300・2600で点棒を上積む。

オーラスも佐々木が積極的に仕掛けて、2位の黒沢からのみを討ち取ってトップを決めた。

佐々木はこれで2連勝。最下位の麻雀格闘倶楽部の、起爆剤となるか。
佐々木は勝利者インタビューで
「連勝で気分いいです。(好調の黒沢は)押しが強いですね。何処かでスキがでるだろうと思ってやってました。(前原選手の本日の作戦について)いつも何を言っているのかわからないんですけど、たぶん控室でお弁当を食べてらっしゃると思いますが、気分良く食べられたんじゃないでしょうか。僕は一所懸命がんばったので、良かったと思います。12月中にはポイントをゼロにもどしたいという目標でやってます。」
と語った。

参考

【Result】
1着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)4万1600点/+61.6
2着 TEAM雷電・黒沢咲(日本プロ麻雀連盟)3万2100点/+12.1
3着 U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)1万6200点/▲23.8
4着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(日本プロ麻雀協会)▲1万100点/▲49.9

【Total】
1位 EX風林火山 +293.1(46/80)
2位 赤坂ドリブンズ +133.3(48/80)
3位 TEAM雷電 +95.0(47/80)
4位 セガサミーフェニックス ▲57.2(42/80)
5位 渋谷ABEMAS ▲106.2(45/80)
6位 U-NEXT Pirates ▲120.4(47/80)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲237.6(49/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電vsPirates

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

12月15日発売!!!!

Amazonでの予約はこちら→「麻雀強者の0秒思考」