速攻!妙技!執念!落雷!「マーメイドと3人のデコ出し」が織りなす新年Mリーグ劇場【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Tue】

速攻!妙技!執念!落雷!

マーメイドと3人のデコ出し

が織りなす新年Mリーグ劇場

文・アホ東大(院)生【火曜担当ライター】2019年1月8日

 

新年あけましておめでとうございます!!!!

今年もキンマweb、Mリーグに携わる方々の応援を是非よろしくお願いします。

私はMリーグ観戦記2回目なのですが、読んでくださる皆さんに楽しんでいただきつつ、書いている自分も楽しめるような記事をつくりたいと思います。

月並みですが、私と同じく麻雀好きの皆さんは、年末年始はどのようにお過ごしだったでしょうか?

私の話になりますが、年末年始は祖父母の家に帰省しており、「ド」が5つ付くくらいドドドドド田舎なので近所に麻雀を打てる場所がありませんでした。そんな私は、Mリーグロスに蝕まれていました。

そしたら2日に新春オールスター麻雀大会2019(AbemaTVで無料視聴可)がやっていて、ゴロゴロしながら見ていたら、熱いドラマがあり新年初泣きをしてしまいました。

ご覧になっていない方もいると思うので詳しくは書かないですが、麻雀って見ているだけでも感動できるんですよね。そんな麻雀に心躍らされた年始でした。

ごめんなさい、オチはありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

では新年Mリーグ2日目、Mリーグ通算99試合目の第1試合に焦点を当てていきたい。

第1試合は、

滝沢和典(風林火山)

萩原聖人(雷電)

朝倉康心(パイレーツ)

魚谷侑未(フェニックス)

の対決だった。

まず試合が始まる前に驚いたのが滝沢、萩原、朝倉の男性陣3人が前髪を上げているではないか。そこから3人の意気込みが感じられた。ヘアメイクさんの意気込みかもしれないが。

「白雪姫と七人のこびと」風に言うと、「マーメイドと三人のデコ出し」のこの半荘は、東1局の魚谷のアガリから始まる。

東1局0本場 ドラ

魚谷は赤なし、ドラ孤立のこの配牌から3巡目にをあっさり重ねる。

4巡目に打としたところから、のターツを落としていくと思いきや、打の後にを残して、ツモ切り、手出し。この選択は、

①ターツがすでに足りていて、が朝倉に現物、親の滝沢の5巡目にが切れているからの安全度が比較的高い。

②この時点で、マンズが場にほとんど切られておらず、将来的に場に高くなり、危険度が比較的高い。

解説の園田もよく言っているが、麻雀は小さな得を積み重ねるゲーム。

最序盤では自分の攻めだけを考えて、安全度の比較をどうしても怠りがちだがここでしっかりと安全度の選択をしていく魚谷。彼女にしてみたら当たり前の選択であろう。

その後さらにを重ね、ドラ暗刻にして滝沢から満貫出アガリ。

現在、最下位に沈んでしまっているフェニックスの復活に向けて、マーメイドは快調の泳ぎ出しになった。

東2局も魚谷のリーチ、ピンフ、ツモ、ドラ1の1300-2600のツモアガリで、さらに他者とのリードを広げ、泳ぎ続けていく。

 

東3局0本場 ドラ

チーム雷電・萩原が、この海底に眠るお宝を引き上げたかのようなゴージャス中張牌デラックス配牌をもらう。

 

そして、6巡目にテンパイ。

ドラのシャンポン待ちか、間待ちに取る選択肢があった。萩原は、仕掛けを入れている親の滝沢の捨て牌にあった間待ちを選択。

その後、マンズの染め手に向かっていた滝沢のこの手牌からツモ切られたを捉え、萩原、満貫のアガリ。