【神域リーグ2024 第15試合観戦記】魔法が解けないシンデレラ【文 ゆうせー 】鈴木勝 vs 龍惺ろたん vs ゴモリー vs 村上淳

東家:鈴木勝(チームグラディウス)
南家:龍惺ろたん(チームヘラクレス)
西家:ゴモリー(チームアキレス)
北家:村上淳(チームアトラス)

歓喜のドラフトから、はや3ヶ月。

神域リーグ2024の「シンデレラガール」ゴモリーは、

バカ勝ちしていた。

その勢いは「麻雀=ゴモリー」なのではないか、と噂されるほど。

彼女はまさに爆進していた。

5節となるこの日は、3試合目に登場。

東1局に、

いきなり赤が1枚、ドラが2枚ある勝負手が入る。もうイーシャンテンだ。

「大丈夫」

と、ひとつ呟いて、ゴモリーは、

【9ソウ】を河に放った。

裏目となる【3マン】を引いても動じずに、タンヤオで仕掛けてアガるルートも残した。

冷静なゴモリー。

だがしかし、

“チュピ”

ネット麻雀特有の効果音とともに、現れたのは「4枚目」となるドラの【6マン】

「ちょっと待って…」

これにはさすがのゴモリーも焦り顔。

ここは一旦、【7ソウ】を切った。

せっかく観戦記でとりあげているのでマンズの形をざっと説明しよう。

切り分けて考えていくのがいい。

【3マン】【赤5マン】+【6マン】【6マン】【6マン】+【6マン】【7マン】【7マン】と分けると、カンチャンの【4マン】とリャンメンの【5マン】【8マン】とトイツの【7マン】が欲しい形と分かる。

また、【3マン】+【赤5マン】【6マン】【7マン】+【6マン】【6マン】【6マン】+【7マン】と区切れば、【3マン】【7マン】のくっつきを待っているイーシャンテンとも考えられる。

他には【3ピン】を引けば【3マン】を切って、

【赤5マン】【6マン】【6マン】【6マン】【6マン】【7マン】【7マン】【3ピン】【3ピン】【3ピン】【4ピン】【5ピン】【6ピン】

のテンパイとなる。

これは、

【6マン】【6マン】+【赤5マン】【6マン】【6マン】【7マン】【7マン】【5マン】【8マン】待ちと、

【6マン】【6マン】【6マン】+【赤5マン】【6マン】【7マン】【7マン】【4マン】【7マン】待ちを合わせた、【4マン】【5マン】【7マン】【8マン】待ちだ。

というように、こうして記事で取り上げるにも難しい形なのだから、これをリアルタイムで把握するのは大変だ。

では、

この待ちは何だろうか???

文字通り、テンパってしまうような状況でも、

ゴモリーは落ち着いていた。

丁寧にアシスト機能で確認。【3マン】を切れば、マンズは、

【赤5マン】【6マン】【7マン】+【6マン】【6マン】【6マン】【7マン】【8マン】

となるので、【3ピン】【3ピン】部分と合わせて、【6マン】【9マン】【3ピン】待ち(【6マン】は自分で4枚使っているので無い)だ。

解説の仲林が、「【7マン】を切るとカン【4マン】待ちですねー」と補足するかしないかのタイミングで、

「リー…」

「ツァ!!」

仲林があらわれた!!

この時期に見るには、少々暑すぎる画面ではあるが、

仲林直伝の「リーツァ」を放ったゴモリーは、

なんと一発でツモ!

今宵もシンデレラのステップは止まらない。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \ほぼ毎日4コマ 最新④巻 好評発売中!/