ASAPINの「超頭脳何切る」Q10





手組5

東2局。形的にも打点的にもsou7-66-90-s-embを切ってタンピン、
あわよくば三色に持っていきたいところだが、供託が2本の2本場。
テンパイを取るべきか、あくまで打点を追って外すべきか、
あるいはこのままリーチすべきか?Q10

回答はコチラ





















asappin_color
ASAPINの回答

man7-66-90-s-emb

供託分に対してのリーチによる点数上昇分が少ないため、ダマがよいでしょう。この手はダマのタンヤオのみの聴牌でも、出アガリで3900点の収入があります。
これをリーチしても出アガリ5200点、ツモ6600点。
裏が乗れば大きいとはいえ、供託の無い場合に比べると相対的な点数上昇が小さくなっています。
とはいえ絶対的な点数上昇分は同じなので、リーチも悪くないのでは…とも思いましたが、やはりアガリ率を低下させて3900点を拾い損ねるのは痛いと思われます。
三色を見る打sou7-66-90-s-embも供託がなければ選択肢として優秀ですが、アガリ逃しがかなり痛いこの局面では緩手と言えるでしょう。
オーソドックスですが、アガれるテンパイに受けつつ、両面以上になったらリーチとするのが無難な回答と言えそうです。

ASAPINの自信度 80%

 

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

    キンマwebの人気コンテンツ

    • Mリーグ最新記事が無料で読める - 記事ページ
    • キンマWebオリジナル4コマ漫画

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です