決めたラスト一回の その先の未来を── 瀬戸熊直樹が魅せた スーパープレミアムナイト【Mリーグ2023-24観戦記 3/26】担当記者 ZERO / 沖中祐也

決めたラスト一回の
その先の未来を──
瀬戸熊直樹が魅せた
スーパープレミアムナイト

文・ZERO / 沖中祐也【火曜担当ライター】2024年3月26日

会場に集まった人は2000人以上だった。

タイトル戦の決勝でも、1卓を10数人が囲んでいた時代。
それがはるか昔に感じるほどの壮観な景色である。

麻雀観戦がここまで人を呼べる時代になったとは。

TOKYO DOME CITY HALLで行われたパブリックビューイング「スーパープレミアムナイト」に全チームの選手が集結したのだ。

選手たちは今一度再確認しただろう。
これだけ多くの人達の応援を受けているんだということを。

さて、今夜戦うのは、ボーダーラインより下の3チームである。

7位・BEASTは金曜日に風林火山との直接対決を残している上での139.5pt差、とまだ逆転が現実的だが、8位・雷電と9位フェニックスの負債は大きく、勝ち上がり条件は相当厳しい。

確率で言ったらほとんど0に近いものであろう。
だが、0でない限りそれを目指すのみだ。
会場から対局室へ向かう戦士たちは、少しも諦めていなかった。

第1試合

東家:高宮まり
KONAMI麻雀格闘倶楽部
4位 +13.3pt

南家:瀬戸熊直樹
TEAM雷電
8位 ▲440.2pt

西家:東城りお
セガサミーフェニックス
9位 ▲551.8pt

北家:鈴木大介
BEAST Japanext
7位 ▲254.4pt

実況:松嶋桃
解説:河野直也

その戦士のうちの1人、東城は親の高宮に速度感を感じていた。

だからツモってきた【5ソウ】を先に切った。
【5ソウ】【8ピン】をポンできるメリットよりも、【5ソウ】が切り遅れることのデメリットを優先したのだ。

だが、この守備意識が逆に放銃につながってしまうのだから麻雀は怖い。
【5ソウ】を切ったおかげで出る【8ピン】をポンすることができず、ツモってきた【2ソウ】を河へ置くと高宮からロンの声。

開けられた手はまさかの18000。
【5ソウ】先切りのピントは合っていたのだが、結果は最悪なものになってしまう。

この放銃から始まり、東城は終始苦しい戦いを余儀なくされてしまったのだ。

もう一人の戦士、瀬戸熊はここから【8ピン】を切った。

【4ソウ】を切ればイーシャンテンに取れるし、その【4ソウ】にさほど利用価値があるわけでもない。
ただ678の三色にもイッツーにもならず、ドラも出ていくテンパイに魅力は感じない。

3巡目だからこそ許される、高打点狙いである。
強引な高打点狙いは瀬戸熊だけではなかった。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/