瀬戸熊直樹、オーラス起死回生の大逆転!! ABEMASを交わして3位復活!!




瀬戸熊直樹、
オーラス起死回生の大逆転!!
ABEMASを交わして3位復活!!

1月17日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
2回戦は、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。
瀬戸熊は6勝目、チームは16勝目で総合3位に浮上した。

対局者は、
渋谷ABEMAS・白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)、
EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、
KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(日本プロ麻雀連盟)、
そして瀬戸熊。

並びは、瀬戸熊・白鳥・勝又・高宮。

東1局の親番で、瀬戸熊がリーチ・タンヤオ・赤1・ウラ1の12000を、白鳥から討ち取って先行する。

東2局、白鳥はフリテンリーチをかけるが、高宮の追いかけリーチに捕まって5200を献上してしまう。

さらに次局、高宮がを仕掛けた捨て牌1段目。瀬戸熊のマンズ仕掛けを警戒した白鳥が、を切ると、高宮のピンズのホンイツ・ドラ1に命中してしまう。

南2局2本場、ラス目の白鳥が復活の狼煙をあげる、親リーチをかける。
しかし、追いかけリーチの瀬戸熊がツモアガリ。ドラ3のマンガンで、瀬戸熊が高宮を追う。

次局瀬戸熊は、三暗刻の完成形からを暗カン。
見事リンシャンカイホー・ツモアガリで連続マンガン。高宮を交わす。

オーラス、高宮の親番。タンヤオ・赤3のマンガンを、高宮が白鳥からアガって再度トップ逆転。
瀬戸熊に9300点差をつけて1本場へ。

勝又の先制リーチに対して、瀬戸熊がドラ3・赤1の手で追いかけると、なんと勝又が一発放銃。
このハネマンで瀬戸熊が、見事乱打戦を制してトップとなった。

瀬戸熊は勝利者インタビューで、
「僕自身、ひさしぶりにここ(勝利者インタビュー)に来るので、ホッとしてます。久しぶりにチームに貢献できたので、本当にうれしいです。気分的に楽になったんで、チーム全体で上昇気流に乗りたいと思います。」
と語った。

【Result】
1着 TEAM雷電・瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)5万5000点/+75.0
2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(日本プロ麻雀連盟)5万1300点/+31.3
3着 EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)8100点/▲31.9
4着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)▲1万4400点/▲74.4

【Total】
1位 EX風林火山 +354.0(64/80)
2位 赤坂ドリブンズ +249.5(64/80)
3位 TEAM雷電 +44.8(62/80)
4位 渋谷ABEMAS ▲85.5(62/80)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲116.6(64/80)
6位 U-NEXT Pirates ▲164.7(62/80)
7位 セガサミーフェニックス ▲281.5(62/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」