土田浩翔、近藤誠一、小林未沙…レジェンド解説・実況と振り返る1月17日(木)Mリーグダイジェスト【熱論!Mリーグ】




熱論!Mリーグ【Thu】

土田浩翔、近藤誠一、

小林未沙…レジェンド解説

実況と振り返る1月17日

Mリーグダイジェスト

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2019年1月17日

 

昨日のMリーグ解説席は初の3人体制だった。実況と解説はこの方々。

解説の二人はどちらもMリーグ初解説。特に初のゲスト解説として迎えられた「レジェンド解説者」土田浩翔プロは、番組開始前からTwitter上でも

 

『Mリーグの舞台でどんな解説をするのだろう??』

 

と話題になっていた。

その土田プロを含め、上部写真の3人による実況・解説が非常に素晴らしいものだったので、今回は昨日のMリーグの試合を実況・解説の言葉もまじえつつ振り返ってみたい。

打牌の説明だけでなく、「実況&解説」の解説をもするのは初めてのことなので、うまく伝えることが出来るか一抹の不安はあります。ただ、日ごろスポットライトがなかなか当たらない実況や解説ですが、何気ない一言が実は物凄く技巧的で秀逸だったりする、非常に奥深いものです。

昨日の放送をご覧になった方が楽しさを思い出していただけるように、ご覧になっていない方が中継の楽しさを少しでも味わっていただけるように、一生懸命綴りますのでお付き合いいただけたら幸いです。

 

1回戦

※出場選手は画像下部をご覧ください。

 

東1局

対局前のオープニングトーク時には、

 

小林「さて、まずは近藤さん」 「さあ、そして土田浩翔さんです」

 

と先に選手の名前を呼ぶことで、解説に上手く話題を振っていた小林。

対局開始直後、どこか遠慮していた土田。ここでも小林は「さて、土田さん」と発言を促した。質問相手を明確に示すことで、初解説二人の発言がバッティングしないように配慮しつつ、解説一人に話すタイミングをはっきり提示している。細やかな気配りの込められた進行技術だ。

この局は、

近藤「まいっちゃいますねー」

思わず近藤も唸ってしまう、個人首位を走る滝沢の2000-4000のツモアガリ決着だった。

 

東2局

 

土田「はっっっっっっ!!!!!!!!」

 

聞こえるくらいに大きく息を吞んだのはなぜかというと…

親番の高宮が、6巡目に待望のドラ表示牌を引き入れてチャンス手のイーシャンテンになったからだ。

このとき、

土田「こういうイーシャンテンのときは、イーシャンテンになってから(ツモ)3回くらいでテンパイしたいんです」

 

近藤「あんまり長いとね、辛いですよ」

 

と、二人は選手心理を解説していた。

高宮はこのあと、

7巡が経ってから、をチーして待ちのタンヤオ片アガリテンパイをとった。自然な選択ではあるが、先の解説があるおかげで、終盤に食らいついてテンパイを取りに行く高宮の心理がよく理解できる。

結果は、

松本のこのリーチに、

高宮が一発で飛び込んでしまう。

高宮から松本へ12000の放銃となった。

 

東3局

再び松本から「リーチ」の声が。

この記事のタイトルとURLをコピーする